[SUZUKI]JMX Rd.6 小島庸平がパーフェクトV! 第1ヒート熱田孝高は2位でスズキ1-2フィニッシュ

全日本モトクロス選手権シリーズ第6戦東北大会は、岩手県一関市藤沢町の藤沢スポーツランドで開催された。IA1クラスではTeam SUZUKIの小島庸平が両ヒートとも圧倒的な強さで今季初のパーフェクト優勝を達成しシーズン4勝目をマーク。第1ヒートは熱田孝高が2位で続きスズキ1-2フィニッシュ。ポイントランキングトップの小島はリードを大きく広げ夏のインターバルを迎えることになった。IA2クラスの岡野 聖は怪我のため今大会も欠場した。

会場の藤沢スポーツランドは、スタンド席からほぼ全体が見渡せるロケーションの良さと、大量の山砂を搬入したサンド主体の路面が特徴のコース。しかし梅雨真っ只中の東北地方。大会期間中は日曜日こそ晴れ間が広がったものの、土曜日までの雨でヘビィマディの難しいコンディションとなる。

IA1クラス第1ヒート、好スタートを決めた小島と熱田は、小島が鮮やかなホールショットを決めると熱田は2番手で小島に続き、オープニングラップを小島、熱田の順でクリア。このコースに絶対の自信を持つ小島が快調なペースでリードを広げる一方、熱田も確実に2番手のポジションをキープする。ヘビィマディの難しいコンディションの中、確実に周回を重ねた小島と熱田は、3位以下を突き放してスズキの1-2フィニッシュを達成。小島は3戦連続となる優勝をマーク。熱田が2位表彰台を獲得した。

続く第2ヒート、ホールショットこそ逃したものの、確実にスタートを決めた小島はオープニングラップを3番手でクリア。一方熱田はスタート直後の混戦の中で後続に追突されて転倒、再スタートに大きく手間取ってほぼ最後尾からの追い上げを強いられる。2周目、成田 亮(ホンダ)をパスし2番手に順位を上げた小島は、先行する平田 優(ヤマハ)を捉えると4周目に平田をパスしてトップに浮上。5周目、このヒートのベストタイムをマークしてリードを広げた小島は、中盤以降も安定した走りを見せトップでチェッカーを受け今季初のパーフェクト優勝を達成。オープニングラップ20番手から懸命の追い上げを見せた熱田は、レース中盤に7番手まで順位を回復するも、後半再び転倒し8位でフィニッシュした。

◆小島 庸平 コメント
第1レース 1位 第2レース 1位 総合 1位
「ヒート1はスタートもバッチリ決まって、あとは自分の走りをすれば絶対に勝てると自信を持って走りました。熱田さんが後ろにいることは分かっていたので、無理をせずに距離を保つことだけに集中した。ヒート2はスタートでやや出遅れて、コースも荒れていたし正直優勝は難しいかなと思ったが、冷静に攻めて逆転することが出来ました。ここに来て自分の走りが出来ているし、何よりチーム一丸となって作り上げたマシンで勝てたことが嬉しい。目標はあくまでチャンピオンなので、夏のインターバルも気を緩めることなく残り3戦に向けしっかりと準備します。」

◆熱田 孝高
第1レース 2位 第2レース 8位 総合 4位
「ヒート1はスタートも決まって庸平の後ろで様子を見ていたが、彼も調子が良くて追い付くことが出来ないまま終わってしまった。悔しいが1-2走行でスズキをアピール出来たと思う。ヒート2は4〜5番手でスタートして、コースも荒れていたし自分の展開に持ち込めるはずだった。ところがいきなり後続に突っ込まれて転倒。マシンが絡まって再スタートするのに手間取ってしまい、そこからなんとか6位が見えるポジションまで追い上げたが、今度は自分のミスで転倒してしまった。大事なレースを落としてしまって悔しいが、夏のインターバルはイギリスでレースをするので、気持ちを切り換えて終盤の3戦に臨みたい。」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  2. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  3. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  4. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
ページ上部へ戻る