[SUZUKI]WMX Rd.12 デサール総合2位、ストライボス総合3位でダブルポディウム達成!

7月13日〜14日、フィンランドのヒュビンカーで開催された2013FIMモトクロス世界選権シリーズ第12戦、ロックスターエナジースズキのクレメン・デサールが総合2位、ケビン・ストライボスも総合3位を獲得。両ライダーのダブルポディウムは今季2度目、さらに決勝2レース共にスズキがホールショットを披露し、ファクトリーマシンRM-Z450WSのポテンシャルを存分にアピールした。

21世紀に入って以来の初開催会場となったフィンランドGP、サンド質の路面に無数のギャップが特徴のヒュビンカーのコースは全体にコンパクトなレイアウトで、他の会場と比べラップタイムも短い。そのヒュビンカーに、決勝日は2万3000人の観客が詰めかけた。

デサールは前日の予選を好調な走りでまとめ、今季2度目の予選1位通過を果した。コースはスタート後の第1コーナー出口が狭くなっており、混戦必至のトリッキーなレイアウト。そのため、決勝ゲートを一番最初に選べたことが有利だった。

第1レース、スタートをホールショットで飛び出したデサールは、35分プラス2周のレースをトップで走行。しかしながらやがて後方からA・カイローリ(KTM)が迫り、デサールをパス、デサールはフィニッシュまでの残り7ラップをバックマーカーに遮られる形となり、トップ奪回はならなった。第2レースも順調なスタートからトップバトルに加わったデサールは、カイローリ、チームメイトのストライボスを追う形で3番手を走行。T・サール(カワサキ)と激しい3番手争いを展開する場面もあったが、サールの転倒によりデサールは単独3番手となり、前を走るストライボスを追う。しかしこの日のストライボスは最後まで粘り強い走りで、デサールは3位フィニッシュ。第1レース2位、第2レース3位のデサールは総合2位を獲得し、今季9回目のポディウム登壇を果した。

一方のストライボスにとって、今大会は彼本来の実力を存分に発揮したレースとなった。
土曜の予選でホールショットを奪うと、その後軽い転倒があったものの3位で順調に予選を終了。日曜の決勝第1レースは、腕上がりに見舞われながらも5位でフィニッシュし、さらに第2レースでは鮮やかなホールショットからデサールの前に出ると、トップのカイローリを追いながら単独2番手をキープ、そのまま2位でチェッカーを受ける活躍を見せ、総合3位を獲得した。 現時点のポイントランキングで、デサールは2位のG・ポーリン(カワサキ)に9ポイント差の3位。ストライボスは現在5位で、6位のサールには28ポイントのリードを広げている。

FIM世界モトクロス選手権は3週連続の北ヨーロッパでラウンド3連戦を終え、次戦第13戦は7月21〜22日、ドイツのラウジツリングで開催される。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る