[HONDA]MotoGP Rd.8 決勝 マルケスが今季2勝目を挙げ、ランキングトップに浮上。ペドロサは欠場

MotoGP第8戦ドイツGPは、今季3度目のポールポジション(PP)から決勝に挑んだマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が今季2勝目を挙げました。
オープニングラップは、ステファン・ブラドル(LCR Honda MotoGP)、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)、アレックス・エスパルガロ(ART)に続いて4番手でしたが、3周目にエスパルガロをかわして3番手、5周目にロッシをパスして2番手、6周目にはブラドルを抜いてトップに浮上。それからは、後続との距離をじりじりと広げ、後半は後続との差を守りながら、危なげない走りで優勝しました。

マルケスは史上最年少優勝記録を樹立した第2戦アメリカズGP以来、6戦ぶりの優勝となりました。これで、転倒リタイアの第5戦イタリアGPをのぞき、8戦中7戦で表彰台に立ち、今大会欠場のダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)とホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)を抜いて、第3戦スペインGP以来の総合首位に浮上しました。今大会は初日から好調で、フリー走行でトップタイムをマークし、予選でPP獲得。最後の調整の場となるウォームアップでもトップタイムと万全の状態を築き上げ、決勝では落ち着いたレース運びでライバルを圧倒しました。これでHondaはドイツGP4連勝を達成しました。

予選4番手から好スタートを切って、オープニングラップに首位に浮上したブラドルは、地元ファンの大声援を受けて5周目までトップを走りました。6周目にマルケスにかわされて2番手になりますが、それから数ラップはマルケスとランデブー走行します。中盤以降は、コース前半のスローセクションでタイムをロスしたのが影響して、ロッシとマルケスにかわされますが、4位でフィニッシュしました。念願の表彰台には届きませんでしたが、序盤の快走は地元ファンを大いに興奮させました。

予選8番手のアルバロ・バウティスタ(GO & FUN Honda Gresini)は、好スタートを切ってオープニングラップ6番手からトップグループに加わりました。しかし、ブラドル同様、コース前半のスローセクションでタイムをロス。トップグループから少しずつ後れる苦しいレースとなりましたが、5位でフィニッシュしました。今大会は、思うようにセットアップが決まらず、苦戦が予想されました。期待する結果ではありませんでしたが、今大会の5位で総合9位から8位にポジションを上げました。チームメートでCRTマシンで出場のブライアン・スターリングは終盤、転倒リタイアに終わりました。

2日目のフリー走行で転倒したペドロサは、ウォームアップ前のドクターチェックで出場許可が下りますが、その後、体調が悪くなり、決勝出場をキャンセルしました。

Moto2クラスは、ジョルディ・トレース(Aspar Team Moto2)が初表彰台を初優勝で飾りました。予選では、これまで最高位の2番手。決勝でも好スタートを切ってトップグループに加わると、後半に差し掛かった19周目に、先行するポル・エスパルガロ(Tuenti HP 40)をパス、それからも危なげない走りで29周を走り抜きました。2位には、最終ラップにエスパルガロをかわしたシモーネ・コルシ(NGM Mobile Racing)が入り、今季初表彰台。3位にエスパルガロという結果でした。前戦オランダGPのウォームアップで転倒し、左鎖骨を骨折して欠場、今大会から復帰の中上貴晶(Italtrans Racing Team)は予選7番手から11位。予選20番手の高橋裕紀(IDEMITSU Honda Team Asia)は19位でした。

Moto3クラスは、予選5番手から決勝に挑んだジャック・ミラー(Caretta Technology – RTG)が7位。ブラッド・バインダー(Ambrogio Racing)が予選14番手から追い上げて9位でフィニッシュしました。以下、Honda勢はアイザック・ビニャーレス(Ongetta-Centro Seta)が12位、予選8番手のロマノ・フェナティ(San Carlo Team Italia)が13位。ニッコロ・アントネッリ(GO & Fun Gresini Moto3)が15位でポイントを獲得しました。予選32番手の渡辺陽向(TASCA RACING)は27位でした。

◆マルク・マルケス(MotoGP 優勝)コメント
「優勝できて、とてもうれしいです。ダニとホルヘがいない状況で、いい結果を残すことは重要なことでした。優勝するのは重要なことですが、彼らがいないと勝利の喜びも違います。だから彼らが早くよくなることを願っています。25ポイントを獲得することができました。これまでとは全く違うレース展開でしたが、レースをリードできたし、2番手とのギャップもキープすることができました。もう少しバトルがあった方が好きですが、いい経験ができました。全く休むポイントがないサーキットでしたが、最後まで体力を持たせることができました。ラグナセカでどんなレースができるのか楽しみです。ラグナセカは走ったことがないので、大変なグランプリになると思います。でも、一歩一歩がんばって、落ち着いて、スピードを上げていきたいです」

◆ステファン・ブラドル(MotoGP 4位)コメント
「表彰台に上がるチャンスを逃しましたが、いい週末だったと思います。いいスタートを切ることができました。数周、レースをリードすることができましたが、パスされた時に彼らの方がコーナースピードが速いことが分かりました。特にセクション2では、僕の方が遅くて離されました。それ以外のセクションではとてもいい走りができました。表彰台には立てませんでしたが、今日の自分たちの仕事には満足しています。チームやファンのために表彰台に上がるチャンスは逃しましたが、あきらめません。ラグナセカでも全力で挑みます。ファンには感謝の気持ちでいっぱいです。彼らのすばらしいサポートを感じることができました。とても特別なレースとなりました」

◆アルバロ・バウティスタ(MotoGP 5位)コメント
「今日はすばらしいスタートを切ることができました。しかし、トップグループについていくことができませんでした。第2セクターではトラクションの問題があって、そこでタイムをかなり落としました。他のセクターでも、ギャップを保つのが精一杯でした。差を詰めようとがんばりましたが、詰められず5位でフィニッシュしました。5位はすばらしい結果ではありませんが、しかし前戦オランダに比べれば前進できたし、ポジティブな結果でした。すばらしい仕事をしてくれたチームのサポートに感謝しています。次戦ではもっと前進できると思います」

◆ダニ・ペドロサ(MotoGP 欠場)コメント
「今朝、メディカルセンターで診察してもらいました。肩は痛かったのですが、それ以外は大丈夫でした。ドクターはウォームアップに出ても大丈夫と断言しました。その後、セッションが始まる少し前に、再びめまいがして血圧も下がりました。僕のトラックにドクターが診に来てくれて、セッションには参加すべきではないということになりました。それで、モーターホームに戻って休みましたが、それでもめまいがして気分もすぐれませんでした。ドクターがモーターホームに来てレースには参戦できる状態ではないと判断し、ドクターストップが出ました」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る