KAWASAKI、ニンジャ 250 ABSの制動装置に関するリコール

■自主改善開始日:平成25年7月12日

■不具合の部位(部品名)
制動装置(ハイドロリックユニット)

■不具合の内容
ABS(アンチロックブレーキシステム)のハイドロリックユニットにおいて、製造工程が不適切なため、異物が混入しているものがあり、最悪の場合、ABSが適切に作動しないおそれがある。

■改善の内容
全車両、ハイドロリックユニットの製造番号を確認し、該当するものは良品と交換する。

■使用者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、ステアリングヘッドパイプの車台番号打刻位置付近にNo.3192のステッカーを貼付する。

■型式・通称名・リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間・リコール対象車の台数

型式 通称名 リコール対象車の車台番号
(シリアル番号)の範囲及び製作期間
リコール対象車の台数
JBK-EX250L ニンジャ 250 ABS
EX250L-A13759 〜 EX250L-A30414
平成24年12月24日 〜 平成25年6月25日
940
          合計 940台

<ご注意> 対象車の製作期間はご購入された時期とは異なる場合があります。
また、対象範囲内であっても、一部に回収済の車両もあります。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  3. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  4. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
ページ上部へ戻る