KAWASAKI、ニンジャ 250 ABSの制動装置に関するリコール

■自主改善開始日:平成25年7月12日

■不具合の部位(部品名)
制動装置(ハイドロリックユニット)

■不具合の内容
ABS(アンチロックブレーキシステム)のハイドロリックユニットにおいて、製造工程が不適切なため、異物が混入しているものがあり、最悪の場合、ABSが適切に作動しないおそれがある。

■改善の内容
全車両、ハイドロリックユニットの製造番号を確認し、該当するものは良品と交換する。

■使用者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、ステアリングヘッドパイプの車台番号打刻位置付近にNo.3192のステッカーを貼付する。

■型式・通称名・リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間・リコール対象車の台数

型式 通称名 リコール対象車の車台番号
(シリアル番号)の範囲及び製作期間
リコール対象車の台数
JBK-EX250L ニンジャ 250 ABS
EX250L-A13759 〜 EX250L-A30414
平成24年12月24日 〜 平成25年6月25日
940
          合計 940台

<ご注意> 対象車の製作期間はご購入された時期とは異なる場合があります。
また、対象範囲内であっても、一部に回収済の車両もあります。

関連記事

編集部おすすめ

  1. DEAN & DELUCA が他企業と展開する世界初のショップ ビー・エム・ダブリューと、…
  2. 第2戦 ツインリンクもてぎ大会の冠協賛が決定 6月2日(土)・3(日)にツインリンクもてぎ…
  3. カワサキは、「カワサキショールーム」をマーチエキュート神田万世橋に期間限定でオープンした。 …
  4. MVアグスタは、群馬県太田市のディーラー「M.C.ファクトリー フクシ」にて1月27日(土)…
ページ上部へ戻る