新コンセプトクルーザー「CTXシリーズ」が発売!

今春、米国シカゴで開催された国際モーターサイクルショー(International Motorcycle Show)にて発表されたCTXシリーズが、ついに日本で発売されることになった。

CTXシリーズは「快適技術の体感」を開発コンセプトに掲げた新型クルーザーモデルである。“楽に、快適に、爽快に”をテーマに、スタイリングから車体、エンジンにいたるまで、優れた快適性を実現するための技術を追求しているという。

今回発売されるのはネイキッドタイプの「CTX700N」とカウル装着タイプの「CTX700」の2機種。両モデルともに「水平基調デザイン」とフロント回りに塊感を持たせた「フロントマッシブフォルム」が外観上の特徴になっている。CTX700Nは、最近のホンダデザインの顔であるV字型マルチリフレクターヘッドライトを採用。CTX700はダイナミックな大型カウルを装着することで、ウインドプロテクション効果を高めるとともに、個性的でスタイリッシュなフォルムを演出している。

エンジンはニューミッドコンセプトシリーズで定評のある、水冷4ストOHC直列2気筒670ccを搭載。低回転域から豊かでフラットなトルクを発揮するとともに、270°位相クランクの採用により、味わいある心地良い鼓動感を実現しているのが特徴だ。また今回、より快適なクルージングを目指し、エアクリーナーの吸気ダクトの仕様変更やマフラーのテールパイプの大径化、ECUのセッティング変更などによって、低・中速域でよりトルクフルな特性を実現している。両モデルともに6速のマニュアルとホンダ独自の有段式自動変速機(デュアル・クラッチ・トランスミッション)の2タイプを設定。CTXシリーズのDCTは、エンジンの小気味良い鼓動感を重視し、ATモード時のシフトタイミングを専用設定としている。また、低フリクション技術の採用により、38.0km/L(60km/h定地走行テスト値)という優れた燃費性能により、さらに長い航続距離を実現した。

車体は新設計のリヤサブフレームの採用により、シート高720mmの優れた足着き性を実現。ライポジも幅広い体格のライダーに対応する自由度の高い設定とし、市街地からツーリングまで幅広い用途で快適な走行を楽しめるものとした。サスペンションはフロントにφ41mmの正立フォーク、リヤにはプロリンク式を採用することで乗り心地と路面追従性を高めている。また、燃料タンクのシェルター内には小物収納スペースを設けるなど、使い勝手にも配慮した。なお、両モデルともABS標準装備とし、安全性も高められている。

CTXシリーズは、熊本製作所で生産し世界各国に輸出される、国産グローバルモデルである。排気量・車格的には使い勝手の良さと経済性により、世界的に人気の高いミドルクラスの位置付けであり、先に発売され大ブレークしたNC700シリーズでは補い切れなかった、クルーズ志向(流して楽しむ)のライダーを取り込むための戦略モデルと言えるだろう。CTXシリーズが提唱する新しいクルーザースタイルが、日本でも定着することを期待したい。

Webikeニュース編集長/ケニー佐川

【関連ニュース】
【新車】HONDA、新しいコンセプトのクルーザーモデル「CTX700N」「CTX700」を発売

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲G 310 R 9年連続で過去最高販売数を記録 ビー・エム・ダブリューは、日本市場における…
  2. ドゥカティは、2018 MotoGP 世界選手権のチーム体制を発表した。 昨年に引き続…
  3. 年が明けて心機一転、愛車のお手入れ初めにオイル交換はいかがでしょうか。 オイルの基礎知識、…
  4. 【ヤマハ エキサイター150】ディテール&試乗インプレッション タイやベトナムで人気の…
ページ上部へ戻る