【新車】KTM、グランプリMOTO3 レーサーのベース車両を限定受注開始

デビューするや否や大活躍し MOTO3ワールドチャンピオンを獲得したKTM MOTO3レーサーのプロダクションモデルを、2014年シーズン向けに正式販売・受注を開始致します。このモデルは 2014 年シーズンもMOTO3のレギュレーションに適合し、完成車としての提供のほかエンジン単体のパフォーマンスキットとしても発売。すべてのKTMレーシングカスタマーのパフォーマンスを最大限に高めます。

オーストリアを本拠にエクストリームなモーターサイクルを製造するKTM( KTM ジャパン・03-3527-8885)は、今期もMOTO3で活躍しているグランプリレーサーのベース車両となるプロダクションレーサーKTM RC250R(レース専用モデル)を日本の正規ディーラーを通して販売価格 650 万円(税込)にて受注・販売を開始いたしました。

KTMはReady To Raceを掲げ、常にハイパフォーマンスなモーターサイクルを提供しておりますが、純粋なロードレース専用のレーシングマシン、それも昨シーズンのチャンピオンモデルを更に2013年シーズン用にアップグレードして受注販売するのはKTMにとっても特別なプログラムといえるでしょう。

今回受注を開始するプロダクションレーサー(KTM RC250R)は、グランプリMOTO3で活躍するファクトリーレーサー、そして“ Red Bull Rookies Cup”で使用しているレーシングマシンと基本的に同じものなのです。

▼KTM RC250R (Production Racer 2014)

■販売価格:650万円(税込)
詳細についてはお近くの KTM正規ディーラーにお問い合わせください。

KTM RC250Rは、2014年シーズンのMOTO3のレギュレーションに完全に準拠し、チャンピオンマシンに迫る戦闘力を誇る、まさに“Ready To Race”なマシンとして作りこまれています。

デリバリー時点で GET/Athena製の電子制御システム(燃調/点火タイミング/エンジンブレーキ/トラクションコントロール/ローンチコントロール/ピットレーンスピードリミッターなどがフルアジャスタブル)をはじめとする完全にレースに即応した心臓部を与えられているばかりか、2次減速比(スプロケット)や db キラー(2次サイレンサー)等の部品が付属。
OZ製鍛造削り出しアルミニウムホイール、ブレンボ製ダブルディスクファクトリーブレーキシステム、WP製ファクトリーサスペンションといった装備はKTMのファクトリーマシンと全く同じ構成。
フルスペックのGPマシンが手に入るよう仕立て上げられています。
シャシーもフォークアングルやスイングアームピボットを中心にジオメトリがフルアジャスタブル。
エンジンチューニングを更に進め、14,000rpmにレブリミットを高めるためのGPスペックキットが標準となっています。

受注は 7/31までの限定となり、どなた様でもご購入が可能です。
車両の実際のデリバリーは 2014年2月ころを予定。
是非お近くの KTM 正規ディーラーまでお問い合わせください。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  2. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  3. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
  4. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
ページ上部へ戻る