BMW、「C600S」「C650GT」メーターパネル(ソフトウエア) に関するリコール

リコール開始日:平成25年7月10日

【不具合の部位】
メーターパネル(ソフトウエア)

【不具合の内容】
メーターパネル制御ユニットのソフトウエアが不適切なため、バッテリー電圧が低下している状態でイグニッションオフ又はオンの操作を行うと、メーターパネル表示の作動不良やエンジン始動不能となるおそれがある。

【改善の内容】
全車両、対策品のソフトウエアに書き換える。

【使用者に周知させるための措置】
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・対策実施済車には、シート下のフレームに外-1951を貼付する

【対象車の型式、通称名、車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間、台数】

【注意事項】リコール対象車の車台番号の範囲には、対象ではない車両も含まれている場合があります。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  3. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  4. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
ページ上部へ戻る