雨の日の安全な走り方

このコラムを書いている今も外は雨。今年の梅雨明けはやや遅めの予想で、7月後半になりそうですね。そこで、今回は雨の日の安全な走り方について、考えてみたいと思います。

雨だからといって、スペシャルテクなどはありません。基本により忠実に走るのが基本ということになります。まず、「急」のつく操作をしないこと。つまり、急加速、急ブレーキ、急な倒し込みなどです。

たとえば、ウェット路面で信号待ちからの発進時に急にアクセルを開ければ、簡単に後輪が空転してしまい安定を失いやすくなります。特にパワーのあるマシンほどスピンしやすく、交差点の右左折などでマンホールや横断歩道などのペイントに乗ると、一気に滑ったりするので注意が必要です。

急ブレーキもダメです。雨天でも「じんわり」ブレーキをかければ、タイヤもけっこうグリップしてくれますが、「ガツン」とブレーキレバーを握るといきなり前輪ロックになりやすく危険です。
リヤブレーキならいいか、といえばそうでもなく、後輪ロックさせてしまうとスライドが止まらなくなります。
穏やかなブレーキ操作は必須ですが、加えて制動距離も1.5倍ぐらいに伸びるため、あらかじめ速度を抑えて走ることが大事ですね。

コーナーでも急な倒し込みは御法度。ウェット路面ではバンク角だけでなくバンキングスピードにも注意が必要です。ブレーキと同様、穏やかに倒し込んでいけば、けっこう深くまでバンクさせられるものですが、「ズバッ」とやってしまうと意外と浅目のバンク角でも、アレ……となってしまいます。

最近はABSやトラクションコントロールなどの電子デバイスの進化により、ウェット路面での安全性もかなり高まってきました。ただし、バイクを操るのはあくまでも人間ですし、いくら進化したシステムでも物理的な限界は超えられません。雨天は視界が悪く、クルマや歩行者もお互いがよく見えず、危険の発見が遅れがちです。

繰り返しになりますが、雨天では速度を抑えて穏やかなライディングを心掛けましょう!

関連記事

編集部おすすめ

  1. 二輪車整備士という仕事への情熱と誇りに迫る ヤマハ発動機は、企業目的「感動創造」に向けた企…
  2. SHOEIは、「Z-7 STIMULI(スティミュライ)」を2019年3月に発売する。 …
  3. SHOEIは、「NEOTEC II SPLICER(スプライサー)」を2019年3月に発売す…
  4. SHOEIは、「J・O NOSTALGIA(ノスタルジア)」を2019年3月に発売する。 …
ページ上部へ戻る