カワサキ「Ninja300」の2014海外モデルが発表!

日本でも人気絶頂のニンジャシリーズの輸出モデル、「ニンジャ300」の2014モデルが発表になった。
ニンジャ300は、2013年にフルチェンジした現行ニンジャ250の兄弟車である。生産は同じタイで、車体や外見などは共通、ABS仕様がある点も同じだが、エンジンの排気量が拡大されているのが特徴だ。
水冷4ストDOHC並列2気筒エンジンは基本レイアウトこそ250と共通だが、ストローク量が 7.8mm 延長され、排気量は296ccにアップされている。その結果、最高出力 39PS/11,000rpm、最大トルク 2.8kgf・m/10,000rpmを達成。250と比較すると、ピークでそれぞれ8ps、0,7kgf・m 上乗せされている。このスペック差は同クラスでは大きなアドバンテージとなるはずだ。

もうひとつの特徴は、レースの世界で生まれたアシスト&スリッパークラッチを標準で装備している点。クラッチセンターとプレッシャープレートの勘合部に、アシストカムとスリッパーカムという2種類のカムを設けることで、従来のクラッチユニットにない二つの新機能を持たせている。
つまり、通常はアシストカムによるセルフサーボ効果によりクラッチレバーの操作力が軽減され、一方で急なシフトダウンなど過度なエンジンブレーキが発生した際にはスリッパー機構が作動し、バックトルクを逃がすことでリヤタイヤのホッピングやスリップを低減できる仕組みだ。これは、スポーツライディングでは強力な武器になるだろう。

さて、気になる価格だが、カワサキ逆輸入車を扱っているショップ情報などを見ると、2013モデルの場合で車両本体価格が60万円前後で乗り出しの総額で75万円程度となっている。国内仕様のニンジャ250のABS仕様が車両価格約60万円であること、また車検がないことを考えるとコスト的には微妙なところだが、プラス8psとスリッパークラッチの価値は大きな魅力であることはたしか。ニンジャファンとしては悩むところですね。

Webikeニュース編集長/ケニー佐川

【関連ニュース】
◆KAWASAKI、「Ninja 300/ABS/Special Edition」2014年海外モデルを発表

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る