【新車】KTM、全く新しいストリートの興奮。「390 DUKE」 がいよいよ生産開始!

昨秋のEICMAにてワールド・プレミアを果たし、日本国内でも3月のモーターサイクルショーで既にデビューを果たした、待望のストリートモデル「KTM 390 DUKE」が、いよいよ生産を開始。7月1日以降、全世界の正規ディーラー各店に配車され、順次ご予約いただいているオーナー様の元に納車が始まります。詳細についてはお近くのKTM正規ディーラーまでお問い合わせください。

エクストリームなモーターサイクルを展開するKTM(KTM ジャパン・03-3527-8885)は、昨秋のEICMAにて世界デビューを果たし、3月のモーターサイクルショーで国内デビューした注目モデルKTM 390 DUKE(メーカー希望小売価格54万9000円・税込)をいよいよ生産開始し、順次全世界の正規ディーラーへ配車を開始いたします。

390 DUKEは日本国内にてPDI(PRE DELIVERY INSPECTION)を行なっておりますが、更に全国のKTM正規ディーラー各店で念入りな最終検査・納車整備を経て、順次ご予約いただいたオーナー様の元へ納車をいたします。納車タイミング等についてはご契約のKTM正規ディーラーまでお問い合わせください。

2011年モデルとして発表された125 DUKE、そして2012年モデルとして発表され、その興奮が記憶に新しい200 DUKEと690 DUKEに続き、コンパクトで軽いシャシーに圧倒的なパフォーマンスを発揮する新型4ストロークDOHCエンジンを搭載した”390 DUKE”がいよいよ発売開始となります。

この390 DUKEは多くのモーターサイクリストにとって、軽快さ、俊敏さ、軽さ、経済性、そして安全が何よりもスポーツバイクに重要な要素であることを改めて気付かせてくれるモデルです。

390 DUKEは街中での流れをリードすべく44馬力の出力とガソリン満タン時でも150kgに満たない軽量な車体を与えられています。強烈なパワーに見合うよう徹底的に見直された車体には、先進的で洗練され、さらにエルゴノミクスに配慮されたデザインが与えられ、最新のABSブレーキシステムも装着されています。

390 DUKEはダイナミックで美しいスタイルを持つばかりではなく、極めて現代的で妥協のない先進的な機構と性能を身に着けているのです。

KTMは今後も真にモーターサイクルライフを楽しめるエクストリームなプロダクトをお届けし、ユーザーの皆様の豊かなバイクライフを実現して参ります。今後も是非ご期待ください。

▼KTM 390 DUKE

■メーカー希望小売価格:54万9000 円(税込)

=390 DUKE 主要スペック=
■エンジン
・エンジン形式 水冷 4ストローク DOHC4 バルブ単気筒
・総排気量 375cc
・内径/行程 89/60mm
・最高出力/最大トルク 44ps(32kW)/9500r pm 35Nm/7250rpm
・変速機 6 速
・燃料供給方式 BOSH 電子制御フューエルインジェクション

■シャシー
・全長/全幅/全高 2029 / 836 / 1267mm
・フレーム クロームモリブデン鋼トレリスフレーム
・フロントフォーク WP 倒立フォーク φ 43mm
・リアサスペンション WP モノショック
・ブレーキ F/R ディスクブレーキ φ 300/230mm(ABS 付)
・タイヤ F/R 110/70ZR17、150/60ZR17
・軸間距離 1367±15mm
・シート高(無負荷) 800mm
・燃料タンク容量 約 11L
・装備重量 約 139kg(燃料のみ含まず)
・乗車定員 2 名
・カラーバリエーション ホワイト

■KTM 390 DUKE の概要
390 DUKE の設計思想は、このバイクをひと目見た瞬間にライダーに伝わってくることでしょう。コンパクトなサイズとウェイトでありながら、そのパワーとパフォーマンスはスポーツバイクそのものです。完全に新設計されたエンジンは 375c.c.から 44HPを発揮。KTM の伝統とも言える洗練されたコンパクトなデザインにより、重量はわずか 36kg でありながら、2 本のオーバーヘッドカムシャフト、DLC コーティングされたロッカーアーム、4 バルブヘッド、鍛造ピストンとニカシルコーティングされたシリンダーなど、その作りは極めて本格的です。
当然、潤滑系統も排気量とパワーに見合ったものに改良され、クランクシャフトの抵抗を減らしトルクの増強にも寄与します。そして改良が施された三元触媒は信信頼性が高まり、自然環境への負荷低減を達成しています。もちろんシャシーは増強されたパワーに見合うよう強化されています。

390 DUKE は超軽量トレリスフレームと高強度アルミダイキャスト製スイングアームによってコンパクトなボディを実現。燃料満タン時でも 150kgを切る軽さを実現しています。またパフォーマンスアップに合わせて WP 製の高精度サスペンションがスペシャルチューニングされ、ブレンボ製ディスクブレーキ、ボッシュ製 9MB ABS が標準装着されています。これらの高品質なパーツによって、ツイスティなワインディングロードでも安全とハイパフォーマンスが実現するのです。必要十分なパワー、豊かなトルク、そして非常に軽量なシャシー。それでいてリーズナブルな価格帯。
KTM 390 DUKE は偉大な名車となる要素の全てを達成しています。どんなシチュエーションでも俊敏なライディングを堪能でき、常にその本領を発揮することが可能なのです。

■DUKE シリーズ
DUKEシリーズの系譜は、1994年に KTMが初めて本格的なストリートバイクを発表した時に遡ります。LC4エンジンと呼ばれる SOHC単気筒のこのシリーズは、シングルエンジンの常識を完全に覆すウルトラスムーズネスを誇り、4世代目となる現行 690 DUKE Rが一つの頂点を極めようとしています。一方、KTMでは 2011年モデルとして 125 DUKEを発表、軽さとコンパクトさを追求し、高性能のシャシーと組み合わせることで全く新しいスポーツバイクの概念を作り出しました。これがいわゆるスモールデュークの系譜です。
2012年モデルではファーストバイクとしてのニーズに応え、更にパフォーマンスをアップした 200 DUKEを追加。そしていよいよ 2013年モデルとして 390 DUKEが発表されたことで、690 DUKE、690 DUKE Rと 990 SUPER DUKE Rとのギャップを埋め、フルラインナップが完成いたしました。これによって DUKEシリーズは好みにあったモデルとパフォーマンスを自由に選ぶことが可能になり、より多くのモーターサイクリストに KTMらしいエクストリームな興奮を訴えかけて行くことができるようになります。

【関連ニュース】
◆ KTM、全く新しいストリートの興奮を「390 DUKE」が世界初登場!

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る