【新車】KAWASAKI、2014年モデル「KX250F」を7月10日発売

KXの設計理念は、「中級レベルのライダーからエキスパートライダーまで、表彰台の頂点に立たせる」というシンプルなもの。 その設計概念は、KXブランドをこの世に送り出し40年経った今でも揺るぎません。 31度に及ぶAMAのタイトル獲得の事実は、どのメーカーをも凌駕するKXの真の実力を証明。 そしてKX250Fはまさに、その理念を実現するためのマシンであると言えます。 勝利の鍵となる高性能エンジン、シャーシを搭載し250クラスにおいて最も優れたマシンのひとつとの呼び声も高いKX250Fは、 さらに最先端テクノロジーや業界初の機能を満載し、ライダーにさらなる優位性をもたらしてくれるでしょう。

■主な特徴
・ ファクトリー仕様の「ローンチコントロールモード」を搭載。滑りやすい路面で最大限のトラクションを得て最高のスタートを切るためのシステムを250にも装備しました。
・ 燃料供給方式にデュアルインジェクションとダイレクトな吸気で優位性を誇るパフォーマンス。
・ カプラー交換のみで簡単に3種類のマップから選択ができるDFIカプラーを新採用。
・ セパレートファンクションフロントフォーク(SFF)タイプ2を採用しバルブセッティングを変更。
・ オプショナルパーツとしてKX FIキャリブレーションキットを用意。
・ スリムで軽量なアルミ製ペリメタフレームは、レーサーに適した人間工学に基づいての戦闘力向上に貢献。ハンドリング感とグリップ感を向上。
・ 新ユニトラック リアサスペンションの採用。スイングアーム下にリンケージマウントを設置、またデュアル圧縮機能を設け、高精度なサスペンションセッティングを可能とした。シリンダータンクにはカシマコートを採用し作動性の向上を図り、乗心地の向上と減衰性能、踏破性能の向上。
・ Renthal製のハンドルバーを採用し、ハンドルグリップには新素材を採用し握りやすさを向上。

▼KX250F ライムグリーン


発売予定日2013年7月10日
メーカー希望小売価格 735,000円
(本体価格700,000円、消費税35,000円)

表記価格(リサイクル費用を含む)はメーカー希望小売価格です。 価格には消費税を含みます。

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイクポータルサイトのウェビックは、8月19日(日)に「WebikeCAFE Meeting…
  2. 2015年の登場から4年目を迎えたYZF-R1M。その戦闘力は現在においても未だ最強クラスだ…
  3. 2018年7月23~24日、ツインリンクもてぎで新型フォルツァ(250)の試乗会が開催された…
  4. ▲ホンダ NSR250R SE(MC28) ※画像はすべて参考画像。当日の試乗車と仕様が異なる…
ページ上部へ戻る