【新車】アプリリア、スーパースクーター「SRV850 ABS-ATC」発売

ピアッジオグループジャパン株式会社(本社:東京都港区三田一丁目、代表取締役:新井 文雄)は、
アプリリア待望のニューモデル「SRV850 ABS-ATC」を発表し、8月下旬より発売を開始します。また、SRV850 ABS-ATCを予約注文して頂いた方(先着30名様)に、アプリリア特製アルミアタッシュケース型カードケースをプレゼントするキャンペーン(予注キャンペーン)を実施致します。また、車両発売と同時にデビューフェアも展開予定です。ぜひこのニューモデルを皆様の媒体にてご紹介ください。

■SRV850 ABS-ATC
スクーターレンジでは、類を見ない大排気量エンジンを搭載したSRV850ABS-ACTは、まさにアプリリアのレーシングスピリッツが宿ったスーパースクーターです。エンジン以外にも、ABSやトラクションコントロールシステムなど、スーパースポーツと肩を並べる斬新な機構を数多く搭載しています。
フロントフェイスにはアプリリアを代表するフラッグシップモデル、RSV4シリーズと同様の形状を採用しており、スクーターという枠に収まりきらない、スポーツマインドを体現したモデルとなっております。

▼SRV850 ABS-ATC レーシングホワイト

▼SRV850 ABS-ATC コンペティションブラック

■希望小売価格:1,098,000円[税込価格]
■ボディカラー:レーシングホワイト / コンペティションブラック
■エンジン:4 ストローク 水冷90°V 型2 気筒 SOHC 4 バルブ
■全長 / 全幅 / 全高:2,240 mm / 800 mm / 1,300 mm

=SRV850 ABS-ATC 主な特徴=
●90°V型ツインエンジン
シリンダーあたり2つのスパークプラグと4つのバルブを装備。厳しい排出ガス基準をクリアする環境性能と高効率を誇りながらも、76HPという高出力を発揮します。

●ABS-ACT
ATC(アプリリア・トラクション・コントロールシステム)は、ABS システムセンサーを使用しリアのホイールスピンを検出。76HP を発生するV ツインエンジンの強大なトルクを制御します。このシステムは、様々な走行条件下において、最適なパフォーマンスを発揮できるよう、ハンドルバーに配されたスイッチによって”スタンダードモード”と “スポーツモード”、さらに”OFF モード”に切り替える事が可能です。
また、進化した2 チャンネルABS システムは、高い制動力によって、安全性のレベルをさらに高めています。

●足まわり
鋳造アルミ製のスイングアームから伸びるリアショックアブソーバーは、7 段階でプリロード調整が可能です。フロントには、優れたコーナリング性能とコントローラブルなブレーキングを実現するためにセッティングされた、41・径のフロントフォークを装備します。

●インストルメントパネル
アナログ表示のスピードメーターとタコメーターがレイアウトされるインストルメントパネルは、スイッチボックスに配された”MODE”ボタン使うことで、手もとで簡単に操作することが可能です。多くの機能と情報をデジタル表示するオンボードコンピューターも装備されています。

●ヘルメットコンパートメント
シート下には、フルフェイスヘルメット1個が収容可能なラゲッジスペースを備えています。夜間での作業性を考慮し、照明も標準装備。

■■SRV850 ABS-ATC先行予約注文キャンペーン■■
5月31日(金)〜7月4日(木)の予注キャンペーン期間中、先行予約頂いた方に、アプリリア特製アルミアタッシュケース型カードケースをプレゼントするキャンペーンを実施します。(先着30名様)。

■SRV850 ABS-ATCデビューフェア
8月下旬より2週間の展開を予定しております。

■お問い合わせ先:
ピアッジオコール 050-3786-2635 (2013年5月18日より電話番号が左記に変更になりました)

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る