松下ヨシナリさんの訃報について

マン島TTレースに参戦していた松下ヨシナリさんが、予選中の事故で亡くなった。昨日の朝、突然飛び込んできた訃報に打ちのめされ、言葉もない。

松下さんには以前、WEBマガジンのインタビューでもマン島TTレースの魅力を語っていただいたり、サーキットイベントにも参加していただいたり、と大変お世話になっていた。個人的にも試乗会やイベントなどバイク業界関連の行事でもよく顔を合わせたし、会えば親しく話をした仲だった。それだけに大変悲しく、残念でたまらない。

彼は常々、マン島TTレースへのチャレンジは、エベレスト登頂と同じ「冒険」と語っていた。多くの冒険家がそうであったように、彼も自分の限界まで挑戦することでさらに高みを目指そうとするタイプだったと思う。

ライダーとして優秀だっただけでなく、いつも明るい笑顔で、エネルギーに満ち溢れ、周囲にも気遣いできる立派な人物だった。目標に向かってけっしてぶれることなく一途に突き進む力、そして、周囲を巻き込んでファンにしてしまう人間的な魅力を持った人だった。

最後にお会いしたのは、東京モーターサイクルショーの懇親会の席だった。
「ひとりの力は小さいけれど、バイク業界の発展のためにもお互いできることを精一杯やっていこうよ」と手を差し伸べられたのを覚えている。
連日のトークショーの疲れだろうか、少しやつれた感じだったのが気になった。

信念を貫いて、最後まで挑戦し続ける中で逝った彼は、ある意味で本望だったのかもしれない。今はそう信じたい。

ご家族、ご友人、すべての関係者の方にお悔やみ申し上げると共に、松下ヨシナリさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

Webikeニュース編集長/ケニー佐川

【訃報】松下ヨシナリ・マン島TTチャレンジ2013 にご支援いただいている皆様へ

【Team MIRAI】松下ヨシナリ選手の訃報に関して

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る