[SUZUKI]JMX Rd.4 小島庸平が見事な逆転で今シーズン初&総合優勝をマーク

熱田孝高は第1ヒート3位表彰台を獲得。IA2岡野 聖は怪我のため欠場となる。
レディースクラス 邵洋子はアクシデントを乗り越え3位表彰台を獲得。

山田建設杯 全日本モトクロス選手権シリーズ第4戦SUGO大会は、宮城県柴田郡村田町のスポーツランドSUGOで開催された。IA1クラスではTeam SUZUKIの小島庸平が第1ヒート逆転で今季初優勝をマーク。熱田孝高はこのヒート3位表彰台を獲得。小島は第2ヒートでも2位表彰台を獲得し今大会の総合優勝に輝いた。
IA2クラスの岡野 聖は土曜日の公式練習走行で転倒し欠場となった。

土日とも好天に恵まれたSUGO大会。初夏を感じさせる強い日差しに散水が追い付かずホコリの舞うシーンもあったが、掘り返し作業など夜を徹して入念なメインテナンスが施されたため、決勝レースはほぼベストのコンディションで行われた。

IA1クラス第1ヒート、左右に切り返す1〜2コーナーを上手く抜け出した熱田に小島、池谷優太が続きスズキ勢の1−2−3体制でレースがスタート。トップ熱田、小島が2番手で1周目のコントロールラインをクリア。ところがフィニッシュジャンプをクリアした直後に小島と熱田が接触してしまい転倒。大きく順位を落とした小島は後方からの追撃を強いられることになる。

序盤、トップをキープしていた熱田だが、4周目に2番手に後退。一方2周目9番手で戻ってきた小島は猛烈な勢いで追い上げを開始。5周目に4番手まで挽回した小島は、中盤着実に上位3台との差を詰めると、中盤まず平田 優(ヤマハ)をパスし3番手に浮上。11周目に熱田と順位を入れ換え2番手に順位を上げる。

トップを走行する成田 亮(ホンダ)に対し、完全にこれを上回るラップタイムで追い上げてきた小島は、13周目ついに成田をパスしトップに浮上。最後までハイペースで走り抜けた小島は終盤後続を完全に突き放し独走でチェッカー。
鮮やかな逆転で今シーズン初優勝をマークした。一方、足の怪我が治りきっていない状態で力走した熱田は3位でフィニッシュ、地元で意地を見せ表彰台登壇を果たした。

続く第2ヒート、小島はオープニングラップを4番手でクリア。一方熱田はスタート1コーナーで転倒し最後尾からの追い上げを強いられる。2周目、小島は新井宏彰(カワサキ)をパスして3番手に浮上。4周目には成田をパスし2番手に順位を上げた小島だったが、この間にトップとは大きな差が開き、中盤以降小島は単独走行となる。

パーフェクト優勝こそ逃したものの、小島は確実に2番手のポジションをキープしてチェッカーを受け、開幕から4戦連続5度目の表彰台登壇を果たした小島が今大会の総合優勝に輝く。一方追い上げのレースを強いられた熱田は7位でフィニッシュ。総合5位で苦難のレースを乗り越えた。

レディースクラスでは、チャンピオン邵洋子がホールショットを決めてスタートからリードするも、終盤転倒したマシンと接触するアクシデントで順位を落とし3位でフィニッシュした。

◆小島 庸平
第1レース 1位 第2レース 2位 総合 1位
「シーズン初優勝出来たのは、ここまでチームみんなが頑張ってくれたおかげだと思ってます。ヒート1は序盤に転倒してそこからの逆転だったし、ヒート2はトップを逃がしてしまったものの、2位で総合優勝することが出来た。これまでの内容から一歩前進出来たと感じています。ただ、目標はあくまでシリーズチャンピオン。今回の結果でようやくタイトル争いのスタートラインに付くことが出来た。ここから幾つ優勝を重ねられるか重要。もちろん連勝を狙っていきます。」

◆熱田 孝高
第1レース 3位 第2レース 7位 総合 5位
「前回広島で捻挫した足は、どうにか歩けるくらいまで回復したんですが、ヒート1は最初のバトルで足を痛めてしまって、仕切り直ししようと思ったヒート2は、スタート1コーナーで直後に転倒。追い上げの途中にまた足を痛めてしばらくペースダウンしてしまった。それでも最後盛り返せたし、この状況で表彰台に立てたので、まぁまぁかなとも思います。次のレースまでインターバルがあるので、まずはしっかりと足を治して勝負出来るようにします。」

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツの企画・製造、販売を行うヨシムラは、レーシングイメージのグラフィックで人気の…
  2. OGKカブトは、システムヘルメット「KAZAMI」にミリタリーテイストのニューグラフィック「…
  3. アニメーションを制作しているシルバーリンクは、女子高生達がレーシングサイドカーで全国大会を目…
  4. ▲予想CG HONDA CB1000R HORNET 予想発表時期:17年秋 「グローバル…
ページ上部へ戻る