ホンダパワーよ再び!

先週、ホンダのF1復帰のニュースが日本中を駆け廻りました。2015年よりパワーユニットサプライヤーとして、車体開発とチーム運営を担当するマクラーレンとのジョイントで参戦することを決定したそうです。

今回で4度目のチャレンジとなるホンダのF1参戦の背景には、2014年から採用される新レギュレーションがあると言われています。これまでの2.4リッターV8に代わり、新たに1.6リッターV6直噴過給エンジンやエネルギー回生システムの採用などがルール化されます。

エンジンのダウンサイジング化をはじめとした環境技術が導入されることになり、市販車開発における技術革新やこれに携わるエンジニアの人材育成に役立てることができるというのが理由です。

ターボ解禁と聞くと、80年代後半のいわゆるホンダF1の第2期を思い出す人も多いことでしょう。当時はホンダパワーの全盛期でした。1988年にはホンダ製V型6気筒1.5リッターターボを搭載したマクラーレンMP4/4が圧倒的な強さで全16戦中15勝を飾り、アイルトン・セナ自身初となるシリーズチャンピオンとコンストラクターズのWタイトルをもたらしました。当時、あまりにもマクラーレン・ホンダが強すぎたため、欧州でのF1人気に陰りが出たことを受けてターボエンジンが禁止となり、過吸気無しの3.5リットルNA(自然吸気)に変更になったという話は有名です。

そして今回、二十数年の時を経て再び黄金のコンビがチーム名もそのままにMcLaren Honda(マクラーレン・ホンダ)として復活するというのですから、いやが上にも期待は膨らむというものです。

翻ってMotoGPでも今年はホンダの快進撃が続いていますが、これでF1でもホンダパワーが炸裂すれば、うまくすると2輪と4輪の最高峰クラスでWタイトルというのも夢ではないかもしれません。と、考えるのは早計でしょうか。もしかしたら、日本に元気を与えてくれる一番の特効薬かもしれません。ぜひお願いします、ホンダさん!!

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

HondaTV web F1参戦発表会
F1に、パワーユニットサプライヤーとしてMcLarenとのジョイントプロジェクトのもと、2015年からの参戦を決定。緊急記者会見の様子をお届けします。

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る