【新車】SUZUKI、スポーツネイキッド「グラディウス400 ABS」を6月19日(水)発売

スズキは、スタイリッシュなデザインにVツイン(V型2気筒)エンジンを搭載したスポーツネイキッドバイク「グラディウス400 ABS」のカラーリングを変更して、2013年6月19日(水)より発売する。

「グラディウス400 ABS」は、「エレガント&スポーティ」をデザインコンセプトとした、Vツインエンジン搭載の400cm3スポーツネイキッドバイクである。
車体には剛性とデザイン性を併せ持つトラスフレームを採用。上品さとスポーティさを兼ね備えた質感の高い流麗なスタイリングに加え、力強く扱いやすいVツインエンジンを搭載し、2気筒ならではのエンジンの鼓動を味わえる軽快さと、高回転まで伸びのある走りを追求している。また、ライダーのブレーキ操作を補助する電子制御式ABSを標準装備。

●主な変更点
設定色の車体色・フレーム色を変更。
・灰/黒色のサンダーグレーメタリック/グラススパークルブラック(赤フレーム)
・青/白色のパールビガーブルー/パールグレッシャーホワイト(黒フレーム)
・つや消し黒/黒色のマットブラックメタリックNo.2/グラススパークルブラック(黒フレーム)
の3色設定とした。

▼グラディウス400 ABS サンダーグレーメタリック / グラススパークルブラック(AA3)

▼グラディウス400 ABS パールビガーブルー / パールグレッシャーホワイト(AJP)

▼グラディウス400 ABS マットブラックメタリックNo.2 / グラススパークルブラック(KGL)

■発売日:2013年6月19日(水)
■メーカー希望小売価格:¥808,500(消費税抜き¥770,000)

■カラー:サンダーグレーメタリック/グラススパークルブラック(AA3)、パールビガーブルー/パールグレッシャーホワイト(AJP)、マットブラックメタリックNo.2/グラススパークルブラック(KGL)
※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

=「グラディウス400 ABS」の主な特長=
●デザイン
・ヘッドライト、燃料タンク、車体後部にかけての流麗で曲面的なデザインに、トラスフレームやステップ周りの直線的なデザインを組み合わせ、優雅さとスポーティさを兼ね備えたスタイリッシュなデザインとしている。
・樹脂カバーで包み込んだ燃料タンクやメッキカバーを装着したマフラー、車体色に応じて塗装の施された美しいトラスフレームなどを採用し、質感の高さを演出。

●エンジン
・扱いやすさと力強さを兼ね備えた出力特性の399cm3水冷4サイクル90度Vツイン(V型2気筒)DOHC4バルブエンジンを採用。
・フューエルインジェクションシステム(燃料噴射装置)と、2つのスロットルバルブを持つスズキ独自のSDTV(スズキデュアルスロットルバルブ)を採用。運転状況に応じた最適な燃焼を維持し、低中速域での力強いトルク、高速域での伸びのあるパワーに加え、アクセル開度への追従性を高め、力強く扱いやすい走りを実現した。
・冷寒時の始動やアイドリングの安定性を高める、スズキ独自のISC(アイドル・スピード・コントロール)内蔵スロットルボディを採用。

●車体
・しなりと剛性のバランスが良い鋼管製のトラス構造(三角形を基本にして組んだ構造) 
フレームを採用し、素直で軽快なハンドリングを実現。
Vツインエンジンとトラスフレームによるスリムな車体構造に加え、リヤサスペンションにリンク式モノショックを採用するなど、乗りやすさと路面追従性を高めている。
・制動時に前後の車輪速度を検知し、ブレーキ圧の保持と減圧を自動的に繰り返すことで車輪のロックを抑止する電子制御式ABSを標準装備。

●装備
・後席にはボディとの一体感を演出する丸みを帯びた形状のグラブバーを装備。握りやすさと高い剛性を持ち、同乗者をサポートする。
・視認性の高い発光指針式のアナログタコメーターを中心に、ギアポジションインジケーター、デジタルスピードメーター、燃料計などを配した機能的なメーターパネルを採用。運転中の様々な情報を瞬時に読み取りやすくしている。
・配光特性とデザイン性を両立させた1灯式の異形マルチリフレクターヘッドライトを採用。

関連記事

編集部おすすめ

  1. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  2. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  3. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
  4. HondaV4スピリット溢れる「S-Style」が登場! ホンダインポートモデルのディーラ…
ページ上部へ戻る