MotoGP Rd.4 ペドロサが勝利、マルケスが驚異の追い上げで3位をゲット

ダニ・ペドロサが連勝、これで彼は選手権争いのトップに立った。マルク・マルケスは9位から3位にまで戻した。

ダニ・ペドロサはフランスGPで勝利し25ポイントを加え、世界選手権での生涯ポイントが3,000ポイントを越えた。ペドロサはスタート前数分の降雨で滑りやすいトラックになった歴史あるル・マン・サーキットで、非常にすばらしいレースをした。彼はカル・クラッチローと、9番手から3位に劇的な走りで順位を戻したマルク・マルケスと表彰台に立った。

冷たく濡れたトラックで6番手からスタートしたダニ・ペドロサは、スタートから三人のライダーを抜き、アンドレア・ドビツィオーソとホルヘ・ロレンソに食らいついた。オープニングラップで彼らをパスできたが、ドビツィオーソを先行させてコース上の不安要素を探る必要があった。最終的にパスし、2位のカル・クラッチローに4秒差をつけフィニッシュラインを越えた。

カル・クラッチローはマルク・マルケスより一瞬早くチェッカーフラッグを受けた。マルケスはポールポジションからのアドバンテージをうまく生かすことができなかった。マルケスはタイヤを滑らせ、何秒かのうちに9位に転落した。驚くべき走りで追い上げ、ライバルを抜き、残り2周で表彰台圏内に戻ってきた。彼は最後にはクラッチローのわずか2秒後方で、16ポイントを獲得した。

この結果、ダニ・ペドロサは83ポイントとなり、新しいポイントリーダーになった。彼の勝利は最高峰クラスで24勝になり、ウェイン・レイニーとホルヘ・ロレンソに並んだ。マルケスは77ポイントになり、ホルヘ・ロレンソと11ポイント差で総合2位。ルーキーが最高峰クラス初めの4レースですべて表彰台を獲得したのは15年ぶり。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る