[SUZUKI]WMX Rd.7 デサール、ストライボスのスズキ勢が揃ってポディウム登壇!

5月18日〜19日、ブラジル・ベトカヘロで開催された2013FIMモトクロス世界選権シリーズ第7戦、ロックスターエナジースズキのクレメン・デサールが総合2位、ケビン・ストライボスが総合3位を獲得、2人揃って表彰台へ上がり、4万5000人の観衆の前でスズキの強さをアピールした。サンタカタリナ州フロリアノポリス北部に位置する会場は、あいにくの雨模様の曇り空で湿度の高いレースウィークとなった。

土曜の夜も降ったりやんだりの雨が続き、決勝日も時折にわか雨に見まわれ、赤土の路面はスリッピーに荒れた。コースはジャンプやフープス、オフキャンバーが多彩に組み合わされ、さらに全体に幅が狭くコーナーが連続しているため、前のライダーをパスするにはかなりの熟練テクニックを要するレイアウトである。

ヨーロッパ諸国以外での開催会場のレギュレーションにより、決勝第1レースは『MX1レース(グランプリレース1)』、決勝第2レースはMX1クラス及びMX2クラス混走での『スーパーファイナル』のレース形式でおこなわれた。土曜日の予選でデサールは好調な走りで2位となり、決勝日のMX1レースでの2番ゲートを手にした。スーパーファイナルでのゲートイン順は現ポイントランキング順となるため、3番目となる。
この日24回目の誕生日を迎えたデサールは、MX1レースででM・ナグル(ホンダ)と激しい2位争いを展開した。特有の土質に少々手こずりながらも、前を走るナグルにぴたりと付いてチャンスをうかがいながら、デサールはラストラップでパスしようと仕掛けたがそれは叶わず、3位フィニッシュ。続くスーパーファイナルでもデサールは果敢に攻めて再び3位でチェッカーを受け、総合で2位を獲得、自身今季5度目のシャンパンファイトを手にした。

チームメイトのストライボスもまた、本来の実力を存分に発揮した。MX1レ−スは6位で終了したものの、スーパーファイナルでのストライボスはスタートから鮮やかにトップを奪うと、そのまま全19ラップのうちの16ラップまでトップライドを披露した。最後は惜しくも2位となったが、ブラジルでのストライボスのポディウム登壇は昨年に続く2度目、2007年以来、自身のスズキファクトリーライダーとしては初めてのこととなった。

デサールとストライボスはこの後アメリカへ向かい、Lucas Oil Pro MX選手権に参戦する。コロラド州レイクウッドのサンダーバレー、テネシー州ブラーントヴィルでレースのあとヨーロッパへ戻る。

次戦は6月8日から9日、フランスのサーキットエルネーで開催される。

◆クレメン・デサール
第1レース/3位 第2レース/3位 総合2位
「前回のポルトガル大会での大クラッシュ以来、なかなか思うように練習ができかったが、今回ようやく調子を取り戻してきた。まだ完全復活できたわけではないし、特にスーパーファイナルは天気も路面コンディションも気にしながらのレースだったので、結果としてポディウムに上がることができて本当に良かった。MX1レースではマックス(ナグル)といいバトルができたものの、少しフラストレーションも残った。ゴーグルの調子が悪くてタイムをロスしたが、なんとか最後まで粘った。本当にレースの最初から最後までずっと連なったままという展開だった。ジャンプやフープスなどのセクションが多く、スピードが乗らないので決してトリッキーではないが、このコースは450マシンには少し短いのではと思う。路面についてはトラクションが効いてマシンコントロールが上手くいき、良い結果に結びついた。もっとシンプルなコースレイアウトであればさらに良い結果が出せたと思う。このあとはアメリカへ移動してAMAのレースに参戦するが、良いトレーニングになるのではと楽しみだ。」

◆ケビン・ストライボス
第1レース/6位 第2レース/2位 総合3位
「スーパーファイナルでは最高のレースができた。今回はマシンのセットアップが上手くいったことが大きかった。スーパーファイナル前に変更をおこなったリアショックの選択も正解だった。スタートからホールショットを取り、後ろにトニー(カイローリ)が来ているのを知って、なんとかしてアドバンテージを広げようと思い、必死に頑張った。レース終盤になって後ろにつかれ、自分が疲れたところでパスされてラスト2周は離されてしまったが、結果としてはポディウムに上がることができ、今シーズン初の総合3位は本当に嬉しい。シーズンオフからの努力の成果が結果に結びついた。この調子でもっとポディウムに上がれるよう頑張りたい。」

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る