【MotoGP】アジアの旋風 IDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦 第2回

2013年のMotoGPは第3戦まで終え、IDEMITSU Honda Team Asiaは少しずつ前進しています。チーム内の様子を、監督やライダーの声を通して振り返ります。

第2回Rd1〜Rd3・グランプリの大海原へ

2013年シーズン開幕。4月上旬のカタールのロサイル・インターナショナル・サーキットから、いよいよIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦が始まりました。シーズン初戦は毎年恒例のナイトレースで、戦いの舞台となるロサイル・インターナショナル・サーキットは、砂漠の真ん中に建設されていることもあり、特に走行初日は滑りやすさのために苦労を強いられることでも有名なコースです。

2月中旬のプレシーズンテストから本格的な活動を開始したIDEMITSU Honda Team Asiaにとって、このサーキットはもちろん初体験。ベースとなるマシンセットアップの探求を継続しながら、レースを戦っていくウイークになりました。開幕戦はナイトレースのためにタイムスケジュールも変則的で、通常よりも1日早く、木曜日から走行を開始します。Moto2クラスは、初日に2度のフリープラクティスを行い、2回目のセッションで新しいスイングアームを投入。フレームはプレシーズン最終テストを行ったときと同じ仕様ですが、加工を施すことで剛性の変化などを試しています。旋回性や接地感、前後のバランスなどの課題を少しでも改善するために、各プラクティスでも大胆な変更に挑戦し、ライダーの高橋裕紀は最初の走り出しではトップと3秒以上開いていたタイム差も、予選では1.918秒差まで短縮。とはいえ、8列目23番グリッドからのスタートという厳しい位置から決勝レースを迎えることになりました。

日曜日の午後8時20分に始まったレースでは、20周のレースを終えて高橋は23位でチェッカー。初レースでの優勝者とのタイム差は、1分04秒294秒という結果でした。

「このチームでの最初のレースは、スタート直後に他車の転倒に巻き込まれかけて、最後尾からの追い上げになってしまいました」と高橋。「自分たちが抱える問題解決の手がかりを探ることが最大の課題で、決勝に向けてさらに変更を施しました。その結果、よくも悪くも変化が出たので、今後の車体開発の参考になると思います」と、悔しさの中にも、確実な収穫を得た様子でした。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る