【新製品】KABUTO、「エアロブレード・3」に新グラフィックモデル「ロヴェンテ」を発売

太陽の”プロミネンス”グラフィックの「エアロブレード・3 ロヴェンテ」発売

2012年4月に発売以来、軽量フルフェイスモデルとして好評の「エアロブレード・3」に、新たなグラフィックをあしらったモデル「エアロブレード・3 ロヴェンテ」を追加発売しました。

エアロブレード・3は独自のエアロダイナミクス機能”ウェイクスタビライザー(PAT.)”※1をシェル一体型とした軽量フルフェイスモデル。ハイパーガラス繊維と高強度有機繊維を採用したA.C.T.(高強度複合素材帽体)構造を採用し、強度アップと軽量化のためのリブ形状を取り入れたシェルデザインで、さらに帽体サイド部にはチークパッド内部の熱気を効率よく排出する”サイドアウトレットトリム(PAT.P.)”※2を新たに装備。それらの機能が融合した、独創的な”次世代”ヘルメットデザインとしています。

その他、素早く確実なシールド交換を可能にした”シングルアクションシールドシステム(PAT.)”※3、Pinlock Original Insert Lens対応ピン付きシールド(SAJ-P)、眼鏡やサングラスをスムーズにかけられるチークパッドや、COOLMAX 生地を使用したフル脱着が可能な内装、高効率を誇るシャッター機能付きエアベンチレーションなどが主な特徴となっています。

今回のニューグラフィックは、イタリア・ミラノに本拠地を置くファクトリー”Bargy Design”(バージーデザイン)※4によるヨーロピアンデザインで、欧州発売モデル共通のもの。太陽コロナに浮かぶガス体、プロミネンスをイメージした印象的なグラフィックで「ロヴェンテ」(=イタリア語で「燃える」の意味)と名付けました。

ラインナップは、プロミネンスのグラフィック部分を、まさに燃える赤で表現した「ホワイトレッド」と、モノトーンカラーの「ホワイトシルバー」の2カラーとなります。

AEROBLADE-III ROVENTE(エアロブレード・3 ロヴェンテ)
■価 格:35,700円(税込)
■サイズ:XS(54-55cm)/S(55-56cm)/M(57-58cm)/L(59-60cm)/XL(61-62cm未満)
■カラー:ホワイトレッド、ホワイトシルバー
■規 格:SG(自動二輪車用)

・ハイパーガラス繊維と有機繊維によって、軽量化と強度向上を実現した高強度複合素材帽体(A.C.T.)を採用。
・”ウェイクスタビライザー”(PAT.)をシェル一体とし、強度アップと軽量化を目的としたリブ形状フォルム。
・効率よくチークパッド内の熱気を放出し、同時にヘルメットの脱着をスムーズにした新機能”サイドアウトレットトリム(PAT.P.)”を採用。
・ボタンを押しながらすぐに外せる、シングルアクションシールドシステムを採用。
・Pinlock 対応ピン付きシールドの採用で、Pinlock Original Insert Lens(同梱)が装着可能。
・内装にCoolmax 生地を採用、インナー、チーク、あごひもカバーのフル脱着が可能。
・計4ヵ所のベンチレーションを装備し、効率よく外気を導入、内気を排出。
・UVカット効果のある専用ライトスモークシールドを標準装備。
・あご部分から風の侵入を抑制するウインドシャッターを同梱。

☆「エアロブレード・3 ロヴェンテ」の製品ページは準備中です

※1 ウェイクスタビライザー(PAT.No.4311691)
走行中発生する帽体付近の気流をコントロールし、負荷を軽減するKabutoの特許システム。風洞実験によって生まれたもので、走行時のヘルメットのブレを抑え、左右後方確認時の首振りもスムーズになる。

※2 サイドアウトレットトリム(PAT.P.)
効率よくチークパッド内部の熱気を放出するKabuto独自のサイド構造(特許出願中)。また同時にサイドトリムラバーは、スムーズなヘルメットの脱着を可能にしている。

※3 シングルアクションシールドシステム(PAT.)
シールドのボタンを押しながら手前に引くだけで、シールドが外せるシステム。スピーディで簡単確実な交換システム。

※4 Bargy Design(バージーデザイン)
イタリア北部ミラノの東、メーゼロに本拠地を置くデザインファクトリーラボ。ファビオ・カスティリオーニ氏(写真右)がモトクロス愛好家の仲間とともに1985年に設立。数多くのトップライダーのヘルメットグラフィックや、車体のグラフィックデザインを手がける。

【関連ニュース】
【新製品】KABUTO、次世代軽量「エアロブレード・3」に限定カーボンモデルが登場!

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る