MotoGP悲願の王座獲得へ。 ダニ・ペドロサが地元で見せた強さ

ダニ・ペドロサ(レプソル・ホンダ・チーム)は第3戦スペインGPで優勝を飾り、ヘレスサーキットの表彰台獲得率100%という驚異的な記録を今年も維持した。
最高峰クラスに昇格した2006年は開幕戦がこのスペインGPだった。そのレースでは、序盤からトップ争いを繰り広げてMotoGP初レースで2位表彰台。翌年のスペインGPも2位。2008年に優勝を飾り、以後も2位、2位、2位、3位と毎年表彰台を獲得して、今回、2回目の優勝を達成した。

スペイン出身のペドロサは、ホンダが最もチャンピオンを獲得させたい選手ともいわれており、地元ファンからも大きな期待を寄せられている。今季も開幕前に、スペインの人気バイク雑誌では<ペドロサは今季こそチャンピオンを獲得できるか?>と題して、世界各国のジャーナリストが寄稿する大型特集が組まれた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿8耐4連覇、EWCの連覇を目指す ヤマハ発動機は、7月26-29日に鈴鹿サーキットで行…
  2. 新モデル「FTR1200」の生産開始を発表 インディアンモーターサイクルは、フラット・トラ…
  3. ▲昨年のJSB1000クラス レースシーン 「Enjoy Honda 2018ツインリンクもて…
  4. 卒業生の野左根・上和田に続き、チームノリックの底力を見せつける ■大会名:2018全日本ス…
ページ上部へ戻る