[YAMAHA]MotoGP Rd.3 スペインGP ロレンソは3位、ロッシ4位、クラッチロー5位でゴール

ヤマハ・ファクトリー・レーシングのJ・ロレンソが3位、チームメイトのV・ロッシは4位、モンスター・ヤマハ・テック3チームのC・クラッチローは5位、チームメイトのB・スミスは10位でゴールし、ヤマハライダー全員がポイントを獲得した。ロレンソは最終ラップまで2位を守っていたが、最終コーナーでM・マルケス(ホンダ)のラインと交錯・接触しての3位フィニッシュだった。

ポール発進のロレンソ。ホールショットこそD・ペドロサ(ホンダ)に譲るも、続くコーナーでトップに立ちレースをリード。3周目の順は、ロレンソ、ペドロサ、マルケス、ロッシ、クラッチローとつづく。首位を守っていたロレンソだったが、タイヤのグリップが急激に低下し、6周目には再びペドロサに先行され2番手に。その数周後には、マルケスがロレンソのすぐ後方まで追い上げ2人のテールツーノーズがしばらく続く。ここでブロックラインをトレースするロレンソの先では、ペドロサがリードを広げていき、10周目には1.6秒差がついてしまう。一方ロレンソとマルケスの2番手争いは、中盤には1秒差のこう着状態となり、ロレンソが単独2番手をキープ。

上位3人の順位が安定した15周目頃、順位を挽回してきたのがクラッチローだった。A・バウティスタ(ホンダ)のすぐ後方につくと、17周目にこれを交わして5番手に復帰、ロッシの後を追っていく。

おなじ頃、16周目にロレンソはマルケスに1秒差をキープし後半に臨んでいた。しかし19周目に差は0.4秒まで詰まってくる。その差は終盤少しずつ詰まり、ラスト2周で約0.4秒差、最終ラップに入るときの2人の差は0.3秒。ロレンソが2位キープのまま最終コーナーに入るが、ここでマルケスが再びチャージ。最終コーナーでインをさしたマルケスとロレンソのラインが交錯。2台のカウルが接触した弾みで、ロレンソはアウト側に膨らみ後退して3位でのゴールとなった。

グリッド2列目発進のロッシ。レース開始直後はロレンソ、ペドロサに続く3番手に浮上したが、直後にマルケスに先行されて4番手に。懸命な追い上げを見せるも、決勝用セッティングが十分に煮詰まっていなかったことから、トップ3のペースについていくことができなくなり徐々に差をつけられ、4位ゴールとなった。

スミスも見事なレース展開で注目を集めた。スミスは全27ラップのほとんどの時間帯でA・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)、A・エスパルガロ(ART)、M・ピロ(ドゥカティ)らと8位争いを展開。24ラップ目にピロをパスして10位に浮上し、さらに前を行くエスパルガロとの差を詰めていく。最終的に9位には届かなかったが、初めてのトップ10入りを果たした。

コメント

◆J・ロレンソ選手談(3位)
「僕はいつだってポジティブだから、今日もポジティブに受け止めているよ。16ポイントの結果を獲得できたのだから素晴らしいと思う。でもずっと2位をキープしていながら最終コーナーで逆転されてしまったのだから、完璧なレースはできなかったということ。完璧なレースができたなら優勝。それがだめなら2位。そしてその次が3位。今日は3位を獲得できて、また表彰台に上ることができた。しかもトップから大きく離されたわけではないのだから悪くないよ。でもその一方で、マシンの改善は必要だと思っている。今日はふたつのミスをした。ひとつめがスタート。もうひとつは最終ラップの最終コーナーだ。マルケスはもっとずっと後ろにいると思っていたので、ディフェンシブなラインをとっていなかったんだ。これは完全に僕のミス…」

◆V・ロッシ選手談(4位)
「難しいレースだった。コンディションにも悩まされ、最大限の努力はしたつもりだけれど、やっぱりこれ以上は無理だったんだ。決勝前にセッティングを調整し、好スタートを切ることができた。これでトップグループに入ることができたんだけれど、そのままついて行くにはスピードが不十分だった。ラップを重ねるごとに差が広がってしまうんだ。ここヘレスではライバル勢より速く走れるはずだと思っていたんだけれど、結果を見れば彼らのほうが上。僕らはもっとマシンを改良いかなければならない。明日はここでテストを行うので、最適なバランスを見つけるために努力したい。ランキングではトップから大きく離されたわけじゃないし、今日も大切なポイントを獲得することができた。表彰台に上れたらもっと良かったけれど、残念ながらそれは不可能だった

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツの企画・製造、販売を行うヨシムラは、レーシングイメージのグラフィックで人気の…
  2. OGKカブトは、システムヘルメット「KAZAMI」にミリタリーテイストのニューグラフィック「…
  3. アニメーションを制作しているシルバーリンクは、女子高生達がレーシングサイドカーで全国大会を目…
  4. ▲予想CG HONDA CB1000R HORNET 予想発表時期:17年秋 「グローバル…
ページ上部へ戻る