[HONDA]MotoGP HRCチーム代表 リビオ・スッポ 現場レポート vol.93

マルケスの最年少優勝記録更新とチームの1-2フィニッシュ

第2戦アメリカズGPで、MotoGPルーキー、マルク・マルケス(Repsol Honda Team)が快挙を達成しました。土曜日の予選ではポールポジション(PP)を獲得して、Hondaの大先輩フレディ・スペンサーが保持していた最年少PP記録(1982年、スペインGP、ハラマサーキット)を31年ぶりに更新。日曜日の決勝レースではダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)と2人で緊迫感あふれるトップ争いを繰り広げ、最後はトップでチェッカー。同じくスペンサーが所持する最高峰クラスの最年少優勝記録(1982年、ベルギーGP、スパ・フランコルシャン)を更新し、MotoGP2戦目にして初優勝を達成しました。

ペドロサも2位でフィニッシュ。レースウイークを通じて強さを発揮してきたRepsol Honda Teamは1-2フィニッシュで、初開催地サーキット・オブ・ジ・アメリカズのレースを最良の結果で終えました。選手とチームが一丸になって戦い抜いた今回のレースを、HRCチーム代表のリビオ・スッポが振り返ります。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハーレーダビッドソン ジャパンは、全国の正規ディーラーと共に、5月19日(土)と20日(日)…
  2. スマホの画面が傷つかないように、保護フィルムを貼るのはもはや常識ですよね。 よくよく考えて…
  3. ホンダは2月21日、4月から新しく展開していく販売ネットワーク「ホンダドリーム」の刷新した店…
  4. 箱根ターンパイクは、道路のネーミングライツを、アネスト岩田が取得したことを発表した。これによ…
ページ上部へ戻る