メガリから新型250ccスポーツモデルが登場!

メガリジャパンから250ロードスポーツモデルの「Megelli250s」と「Megelli250rSE」が4月24日(水)に発売される。ネイキッドスタイルの「Megelli250s」はワールドモデルとしてすでにラインナップされているモデルで、日本仕様は倒立フォークとモトクロス競技車両に使用されるテーパーハンドルを標準装備した高級バージョンで、剛性感のあるより安定したコーナリング性能を実現したという。

一方、フルカウルタイプの「Megelli250rSE」はスタンダードモデルである「Megelli250r」に倒立フォークを装備し、専用グラフィックとアジャスタブルレバー、シングルシートを装備した特別仕様となっている。

メガリ社は英国に本拠を置くモーターサイクルメーカーで、車体の基本設計とデザインを英国で行い、エンジン設計はイタリア、製造は中国、マフラーは日本のヤマモトレーシングが担当するなど、まさにグローバルな分業体制でモノ作りをしているユニークな企業。2007年にEICMAでデビュー以来、現在は世界40カ国以上で販売。

日本ではメガリジャパンが輸入発売元となっている。メガリの特徴はそのスタイリッシュなデザイン。欧州の香り漂うスタイリングやパイプワークが美しいトレリスフレーム、125ccベースの超軽量コンパクトな車体など、国産モデルとはひと味違う個性で人気を集めている。今回リリースされる2つのモデルも最高出力は27ps/8500rpm、とスペック的にはCBR250Rと同等レベルで、しかも価格は輸入車ながら40万円台ということで日本でも注目を集めそうだ。
足回りも強化されているようなので、走りにも期待したい。

今、アジアを中心に世界中で250ccスポーツモデルが売れているという。
このクラスでは国産メーカーが頑張っているのは周知のとおりで、お膝元の日本でも週末に峠に出かければ、ニンジャ250やCBR250R、GSR250などを頻繁に見かけるようになった。

数年前までは国内外のビッグバイク勢で占められていたことを思うと、大きな流れの変化を感じる。この秋には、いよいよヤマハもこのクラスにニューモデルを投入する予定で、「ニーゴー」戦線がますます盛り上がることは必至。楽しくなりそうだ!

Webikeニュース編集長/ケニー佐川

関連ニュース
◆【新車】メガリ、人気の高いネイキッドスタイル「Megelli250s」「Megelli250rSE」がいよいよ日本上陸

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る