[YAMAHA]AMA SX Rd15 ブレイトンが8位でフィニッシュ

AMAスーパークロス第15戦がワシントン州シアトルで開催された。ここシアトルでのAMAスーパークロス開催は1978年以来、35年に渡っている。今にも降り出しそうな天候の中、今年も53,862人の熱心なファンがレース観戦につめかけた。

野外スタジアムに設営されたコースはプラクティスを通して散発的に雨が落ちるというコンディション。JGRMX/Toyota/Yamaha TeamのJ・ブレイトンは難しいコースに素早く適応し、2回目のクオリファイング・プラクティスで5番手となるタイムを記録。予選では3位に入りメインイベントへと駒を進めた。

その決勝でブレイトンはトップ10内でレースをスタートし、深いわだちができたコースで力走を重ね、徐々に順位を上げて行く。そして、ゴールまで残り2周となったところでトップ5フィニッシュのチャンスが訪れるが、ここでブレイトンは軽い転倒を喫して順位を落とし、8位でゴールするにとどまった。

他のヤマハ勢ではN-Fab TiLUBE YamahaのP・ニコレッティが予選で9位に入リ、メインイベントへと進出。ここでニコレッティはオープニングラップを14番手で終えると、その後は順位を上げて終盤には10番手に浮上し、そのまま10位でフィニッシュした。チームメイトのC・ブルースもメインイベントに進み、14位でレースを終えた。Rock River YamahaのB・ラマイは13位となった。なお、レースはホールショットを奪ったルーキーのJ・バルチア(ホンダ)がそのまま制した。

次回の第16戦はユタ州ソルトレイクシティのライスエクレススタジアムで4月27日に開催される。

関連記事

編集部おすすめ

  1. いつもTeam KAGAYAMAを応援頂き、誠にありがとうございます。 本日は、201…
  2. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 ホンダから新型「クロスカブ110」と50c…
  3. ヤマハ発動機は、2018年の国内外レース活動における、ヤマハ主要チーム体制とライダープロフィール…
  4. 2017年11月のミラノショーで発表されたMT-09SPの試乗会がポルトガルで開催され、より詳細…
ページ上部へ戻る