「白バイの事故」について

ニュースなとでご存じの方も多いと思いますが、今週、都内で白バイによる事故がありました。
以下、[時事通信社 4/17記事]より
『17日午前9時35分ごろ、東京都中野区東中野の都道交差点で、警視庁第4方面交通機動隊の白バイがごみ収集車に衝突した。同庁中野署などによると、白バイの男性巡査部長(33)が病院に搬送されたが、頭などを強く打ち意識不明の重体という。同署は自動車運転過失傷害容疑で、ごみ収集車を運転していた男(45)を現行犯逮捕。収集車は交差点をUターンしていたといい、詳しい状況を調べている』

まずは、不運にも事故に遭われた隊員の一日も早い回復をお祈り申し上げたいと思います。
事故を報じているニュース映像を見る限り、現場は片側2車線の見通しの良い直線道路で、広い中央分離帯が設置されている場所です。普通に考えれば比較的安全に思える場所で、なぜ悲惨な事故が起きてしまったのでしょうか。

別の報道によると、「白バイはサイレンを鳴らして緊急走行中で、同署は交通違反をした車を追跡していたとみて、詳しい事故原因を調べている。」とも伝えられています。緊急走行中であれば当然、速度も通常より出ていたのかもしれないですし、また朝の9時半頃ということで、通勤の混雑が残っていて見通しが悪かった可能性もあるでしょう。

詳しい情報はないので憶測で語ることはできませんが、重要なのは白バイでも事故に巻き込まれるという事実です。「Uターン車両」と「直進バイク」による典型的な交通事故のパターンと言ってしまえばそれまでですが、それが交通機動隊の白バイとなると話は違ってきます。

日々の鍛錬で習得した最高のライディングスキルと安全マインドを携えた、安全運転のプロ中のプロとも言える彼らでさえ、避けきれないケースもあると言うこと。各々の思いが交錯する混沌とした道路交通の中で、自分を守れるのは自分しかいない。安全の追求にゴールはない、とあらためて自戒の念を覚えた次第です。

ゴールデンウィークも近くなってきましたが、ライダーの皆さんもぜひ気を引き締めていただきたいと思います。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  2. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  3. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
  4. ホンダは、ビジネスやパーソナルユースなど、幅広い用途で支持されている「スーパーカブ50」「ス…
ページ上部へ戻る