[HONDA]MotoGP Rd2 AmericasGP 予選 マルケスが初のポールポジション獲得

第2戦アメリカGPの予選は、フリー走行で好調だったRepsol Honda Teamの2人が快走を見せました。ポールポジション(PP)を獲得したのは、MotoGPクラスのルーキー、マルク・マルケス(Repsol Honda Team)で、セッションをこなすごとに着実にタイムを上げることに成功しました。

3月中旬の合同テストでは、3日間連続トップタイムをマークしました。今大会も、初日のフリー走行でトップタイムをマーク、2日目午前中の3回目のフリー走行で転倒を喫し、総合2番手で「予選2」へ進出しますが、そのあとに行われる4回目のフリー走行では、転倒の影響を全く感じさせない走りでトップタイムをマーク、「予選1」の上位2名を加えた12名で行われる「予選2」では、最初のアタックで順調にタイムを更新して、見事PP獲得となりました。

1993年2月17日生まれのマルケス。決勝で優勝すれば、1983年にフレディ・スペンサーがHondaで樹立した20歳196日という最高峰クラス史上最年少優勝記録を塗り替えることになり、大きな注目を集めています。

2番手には、ダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)が続きました。3月の合同テストの時点から、マルケスとともに好調な走りを見せていました。3回のフリー走行の総合ではトップタイムをマークしました。しかし、マルケスが転倒した3回目のフリー走行を除き、どのセッションもわずかに届きませんでした。決勝では、マルケスとともに優勝争いを繰り広げることになります。今季初の予選1-2から、決勝でも今季初の1-2フィニッシュを狙います。

以下、ホルヘ・ロレンソ、カル・クラッチローとヤマハ勢が続き、初日3番手につけたステファン・ブラドル(LCR Honda MotoGP)が5番手につけました。今大会は、これまで課題だったロングランで順調にセットアップを進めました。決勝では念願の初表彰台に向けて全力を尽くすことになります。アルバロ・バウティスタ(GO & FUN Honda Gresini)も3月の合同テストに参加しなかったハンディをはねのけて7番手につけました。3列目からの決勝レースになりますが、好スタートから追い上げのレースに闘志を燃やしています。チームメートでCRTマシンで出場のブライアン・スターリングは22番手から決勝に挑みます。

Moto2クラスは、初日のフリー走行でトップタイムをマーク、勢いに乗るスコット・レディング(Marc VDS Racing Team)が初のPPを獲得しました。セッション中盤にマークしたタイムでレディングに逆転されるまでトップにいた中上貴晶(Italtrans Racing Team)は、2戦連続の2番手。2戦連続フロントローを獲得するも、今回もPPを逃しました。決勝では、開幕戦カタールGPの3位に続く連続表彰台と、初優勝を狙います。

3番手にはニコラス・テロール(Mapfre Aspar Team Moto2)で、初のフロントロー獲得となりました。開幕戦カタールGPで優勝し、フリー走行でトップタイムのポル・エスパルガロ(Tuenti HP 40)は、フリー走行のタイムを更新できず7番手。3列目から決勝に挑みます。高橋裕紀(IDEMITSU Honda Team Asia)は、初日よりやや順位を上げて26番グリッド。後方からの追い上げに挑みます。

Moto3クラスは、初日10番手のジャック・ミラー(Caretta Technology – RTG)がタイムを上げて4番手、初日9番手のダニー・ウェッブ(Ambrogio Racing)が8番手と1つポジションを上げ、アレクシ・マスボー(Ongetta-Rivacold)が9番手に続きました。ルーキーの渡辺陽向(TASCA RACING)は、予選で2回の転倒を喫して32番手でした。渡辺は、転倒した後に医務室に運ばれました。検査では異常はありませんでしたが、市内の病院で再検査を受けることになりました。

◆マルク・マルケス(MotoGP ポールポジション)
「初のポールポジション(PP)獲得となったので、とてもうれしいです。PPは重要ですし、とても興奮しました。PP争いができることは分かっていました。しかしセッションは何が起こるか分かりません。ダニもホルヘも1周のタイムは速かったし、それだけに、彼らを超えようとがんばりました。明日の決勝レースは長く、体力が必要な切り返しがたくさんあります。本当に大事なのは明日ですので準備を整えたいです。ベストを尽くします」

◆ダニ・ペドロサ(MotoGP 2番手)
「予選セッションは少し緊張しました。15分間では4周しか走ることができません。幸い、今回は渋滞はありませんでしたので、集中して力強いタイムを出すことができました。PPは獲得できませんでしたが、2番グリッドを獲得できて、ポジティブな一日となりました。マルクがファステストを出しましたが、差はそれほどありません。明日へ向けてリアグリップをよくしなければなりません。そして、いいレースをしたいです」

◆ステファン・ブラドル(MotoGP 5番手)
「今日はハードタイヤのポテンシャルをフルに生かすことができて、ポジティブな一日となりました。FP4ではハードタイヤでロングディスタンスを走ることができました。安定性を上げることができたので、ここまでのマシンのセットアップには満足しています。これで1周目から最終ラップまで速さをキープできます。今日の予選はうまくいきましたが、予選の結果に完全に満足しているわけではありません。事前テストに参加しなかったし、そのために目標はトップ5にしていたのですが、まずは目標達成となりました。明日は上位グループについていくことができると思います」

◆アルバロ・バウティスタ(MotoGP 7番手)
「PPとは大きな差がありますが、フロントローにはとても近いので明日が楽しみです。午後はセッティングをうまく変えることができました。ハードタイヤを使用したときのマシンの感触が完全に変わりました。たくさん周回したあともまだ余裕が残っていました。1本目のタイヤはとてもよかったのですが、2本目は渋滞にはまってしまい、2列目を逃しました。渋滞がなければ2列目を獲得できたと思います。しかし大事なことは、明日へ向けていい仕事をすることで、マシンはいい感触があります。いいスタートを切ってプッシュすれば、4位争いはできると思います」

◆スコット・レディング(Moto2 ポールポジション)
「決勝レースで非常に重要なのは、リアタイヤのライフをいかに延ばせるかだと思います。今回は、3周か4周でかなり消耗するので、タイヤのコントロールに集中しなければなりません。しかし、PPを獲得できてとてもうれしいです。モチベーションもとてもあがりました。このサーキットの攻略は大変ではありませんでしたが、グリップが変わりやすく、慎重になりました。昨日の午前中は滑りやすく、そのあとよくなったのですが、予選でまた悪くなりました。決勝レースではグリップの状況を見てペース配分して、しっかり走りきれればと思います」

◆中上貴晶(Moto2 2番手)
「前回のカタールと同様、後ろにエスパルガロがいたので、カタールのときのように引っ張らないように気をつけました。今日はセッション中盤にベストタイムを出して、今回こそPPを取れると思ったので、がっかりしました。ベストタイムを出したときは、前後新品のタイヤでいく予定だったのですが、リアだけ新品に換えたことで、プッシュアンダーが出て、ベストをマークできませんでした。このサーキットは、タイヤの消耗が激しいのですが、前後ソフトでいきます。たぶん、ほとんどの選手がソフトでいくと思いますし、カタールのように最後まで持たないと思うので、序盤にいけるところまでいこうと考えています。今回は優勝争いのイメージができているし、表彰台に立てるように、チャンスがあれば優勝を狙っていきます」

◆ニコラス・テロール(Moto2 3番手)
「今週はすばらしいペースをキープしています。このサーキットでは、最初から快適でした。カタールでも感触がよかったのですが、決勝はうまくいきませんでした。今回はマシンの感触がとてもいいので、予選前ではフロントローに並べるかも知れないと思っていたし、3番手を獲得できてとてもうれしいです。このサーキットはタイヤの消耗が激しいので、それを考えて走らなければいけません。路面のグリップがいいところではとくに消耗が激しいようです。ウォームアップではタイヤの消耗を最小限におさえられるようにセットアップを調整したいです。レースではスロットルを優しく扱うのが重要になってきます。レースは厳しいものになるでしょう。一生懸命がんばります」

◆ジャック・ミラー(Moto3 4番手)
「FTRのシャシーは、このサーキットとの相性がいいのか、とてもうまく機能しています。コーナリングがよくて、快適に走ることができました。スピードは少し足りないですが、一歩一歩、トップグループに近づいています。カタールのときよりは、はるかに近づきました。ここはセットアップがとても難しいサーキットです。90度コーナーがたくさんあり、さらにハイスピードセクションもあります。とてもポジティブな気分で予選を終えられたので、明日の決勝も、引き続きがんばっていきたいです」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る