トム・クルーズが未来のバイクで挑む最新作

マニアックな話題で恐縮だが、映画好きの私としては見過ごせない情報が飛び込んできた。トム・クルーズ主演の近未来SFアクション超大作「オブリビオン」で、彼が再びバイクに乗るというのだ。

今までも、「ミッション・インポッシブル」におけるトライアンフ・スピードトリプルでの悪党との一騎打ちや、最近では「ナイト&デイ」でのドゥカティ・ハイパーモタードによるキャメロン・ディアスとの熱々タンデムなど、バイクによるスタントシーンの数々を演じてきたトム様だが、今回の舞台は近未来の荒廃した地球。しかるに、乗り物も現実離れしていなければなければならない。
さて、そのバイク。写真を見る限り、オフロードバイクをベースにプラスチックかなにかで偽装を施しているのは明らかだが、その車種についてアレコレと論じている海外の興味深いサイトがある。

そのサイトによると、ブレーキキャリパーやスイングアームの形状からカワサキの「KLX250」ではないかと分析しているが、それが本当だとするとかなりちゃちいではないか!(もろバレという意味で)
ちなみに、これに対する書き込みには「XR250」や「CRF250L」じゃないの〜とか、いやいや「YZF」だろう、などそれぞれ勝手な意見があって面白い。

そうそう、肝心のストーリーはというと(シネマトゥデイ参照
ストーリー:エイリアン“スカヴ”の侵略を食い止めたものの、その戦いによって地球が半壊してから60年。生き残った者たちがほかの惑星へと移住してしまった中、ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)だけが地球に残って上空から偵察していた。パトロールに向かっていた彼は、誰一人として生存しているわけがないエリアで何者かの襲撃を受けてしまう。混乱するジャックの前に現れたのは、ビーチ(モーガン・フリーマン)という謎の男。彼との遭遇を機に、ジャックは地球、人類、そして自身の運命を担う冒険に出ることに。
という。

いささか奇想天外な設定ではあるが、トレーラー(予告編)を見る限りSFX満載でなかなか見応えはありそう。バイクがどれだけ活躍するのかなどはまったく不明だが、そのサイトでも詳細が分かり次第、アップデートとするというから期待したい。日本公開は5/31(金)から。ちょっと……な気もするが、きっと見に行ってしまうと思う。
Webikeニュース編集長/ケニー佐川

【海外ニュース】
◆トム・クルーズ最新映画「オブリビオン」に最新バイクで登場

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る