[SUZUKI]WMX Rd.4 ロックスターエナジースズキ 両ライダーが揃ってトップ5入り

4月13日〜4月14日、イタリアのアルコ・ディ・トレントで開催された2013FIMモトクロス世界選手権シリーズ第4戦、ロックスターエナジースズキのクレメン・デサールが総合4位、ケビン・ストライボスは総合5位を獲得、両者がトップ5入りの活躍でスズキの強さをアピールした。

イタリア北部、背後にそびえ立つ岩山風景が印象的なアルコ・ディ・トレントの会場で、2万3000人の観衆を前にクレメン・デサールはRM-Z450ファクトリーマシンと共に第1レースで堂々の3位フィニッシュ。比較的幅の狭いコースはコーナーが連続し、路面は固くスリッピーでギャップも多く、さらにライダー達のブレーキングによってできたギャップも増え、全体にパスのチャンスが少ない条件が揃っていた。
そんなコース状況も影響して、デサールは2番手を走るG・ポーリン(カワサキ)を最後まで攻めあぐねた結果3位フィニッシュ。第2レースでの35分プラス2周にリベンジを図ったデサールだったが、スタート後の第2コーナーでクラッシュ、再スタートをきり、ほぼ最後尾から懸命に追い上げるも8位でタイムアップ、この日の総合4位となった。

チームメイトで同じくRM-Z 450ファクトリーマシンを駆るケビン・ストライボスは、慣れないイタリアの土質に苦戦しながら腕上がり症状と闘い、第1レース6位。第2レースはスタート後の14番手から終始ポーリンのすぐ後方にピタリとつける形で2台で徐々に順位を上げ、最後は5位フィニッシュ、総合でも5位となった。

現時点のランキングでデサールは3位となったもののポイント差はわずかなため、次週ブルガリアでの第5戦の結果次第でランキング2位返り咲きの可能性は大きい。ストライボスもラキング5位をキープしており、第4戦を終えてチーム全体は順調に調子を上げてきている。

◆クレメン・デサール コメント
 第1レース/3位 第2レース/8位 総合4位
「第1レースは決して悪い内容ではなかったが、ずっとポーリンの後ろについていながら最後までパスできなかったことがとても悔しい。第2レースはスタートが上手くいって3番手につけたが、第2コーナーでT・サール(カワサキ)のバイクと接触してどこかがからんでしまったようで、実際はどうなったのかあまりわからない。再スタートした時は最後尾の方で、さらに2ラップ目にもう一度転倒があり、結果8位は情けない。もっと良い成績を出さなくては。」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る