【新車】HONDA、スポーツモデル「CRF250M」を4月25日(木)新発売

Hondaは、力強く扱いやすい出力特性の水冷・4ストローク・DOHC・250ccエンジンを搭載したスーパーモタード※1スタイルの「CRF250M」を4月25日(木)に発売します。

CRF250Mは、2012年5月に発売し好評を得ているオン・オフロードモデル「CRF250L」をベースに、前・後輪に17インチのオンロードタイヤを装着し、ストリートで一段と映える躍動感あふれるスタイリングを実現したモデルです。

足回りは、フロントブレーキに大径のフローティングタイプのディスクローターを採用するとともに、リアサスペンションのセッティングを変更し、オンロードでの操縦安定性を追求した取り回しやすいものとしています。
エンジンは、CRF250Lで定評のある、力強く燃費性能に優れた水冷・4ストローク・DOHC・250cc単気筒を採用しています。

※1 スーパーモタードは、ヨーロッパを中心に人気のある競技で、オフロードモデルに小径ホイールとオンロードタイヤを装着し、舗装路とダートが混在するコースでスピードを競うレースです

▼CRF250M CRF250M(エクストリームレッド)

▼CRF250M CRF250M(ブラック)

■発売日:2013年4月25日(木)
■メーカー希望小売価格:819,000円(消費税抜き本体価格 780,000円)
※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません
■カラー:CRF250M(エクストリームレッド) CRF250M(ブラック)
■エンジン:MD38E・水冷 4ストローク DOHC 4バルブ 単気筒
■全長×全幅×全高(mm):2,125×815×1,150mm
■販売計画台数(国内・年間)シリーズ合計:2,000台
■お問い合わせ
お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)

=CRF250Mの主な特長=
●スタイリング
シャープなスタイリングのCRF250Lをベースに、専用のカラーリングとグラフィックを施し、クールなスーパーモタードイメージに仕上げています。車体色は、エクストリームレッドとブラックの2タイプ。エクストリームレッドにはブラックのアルミホイールとレッドのシートを、ブラックにはゴールドのアルミホイールとブラックのシートをそれぞれ採用しています。また、フレームとスイングアームはマットアクシスグレーメタリックで統一し、フロントフォークにはブラックアルマイト処理を施すことで、個性を際立たせた精悍なイメージとしています。

●車体・足回り
CRF250Lのフレームを踏襲しながら、17インチのオンロードタイヤの装着と、前・後サスペンションのセッティングにより、市街地や郊外のワインディングロードにおける軽快なハンドリングと安定性を追求しています。フロントブレーキのディスクローターは、オンロードでの使い勝手を考慮し、CRF250Lの256mmに対し大径の296mmとすることで、制動力の向上を図っています。なお、前・後17インチホイールの採用によって、シート高をCRF250Lより20mm低い855mmに設定し、良好な足着き性としています。

●エンジン
CRF250Lのエンジンと同じく、低回転域からの力強いトルク特性としながら、水冷・4ストローク・DOHCエンジンらしい高回転まで伸びのある出力特性を両立しています。また、オフセットシリンダーやローラーロッカーアームなどの低フリクション技術を多岐にわたって採用したことに加え、電子制御燃料噴射装置(PGM-FI※2)やO2センサーの搭載と、マフラー内に装備した触媒装置(キャタライザー)との相乗効果により、高い環境性能を実現するとともに、44.3km/L(60km/h定地走行テスト値)という優れた燃費性能を実現しています。
※2 PGM-FIは、Hondaの登録商標です

●主要装備
・視認性に優れた60/55Wマルチリフレクターヘッドライト
・燃料計や時計、トリップ/オドメーターを備えた多機能デジタルメーター
・荷物の積載に便利なリアフェンダー部の荷掛けフック
・容量7.7Lの燃料タンク

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る