東京モーターショー2013、米ビッグ3不参加を表明

11月に開催する第43回東京モーターショーの“クルマ”に関する話題だ。「ビッグスリー」と呼ばれる米自動車大手3社が参加しないことが9日に伝えられた。
3社とはゼネラル・モーターズ(GM)、フォード・モーター、クライスラーで、不参加は09年以来3回連続とのこと。

理由として、米国勢は低燃費車や小型車が少なく、日本市場に合わせた車種展開に乏しいこと。米自動車業界は環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の事前交渉で、「日本での米国車販売の不振は市場が閉鎖的なため」と批判しているが、
自動車業界関係者は「販売増につなげる商品力、アピールが足りない」と反論。モーターショーに出るべきだとの声は多いそうだ。

一方、欧州勢は09年こそ前年秋のリーマン・ショックを受けて参加を辞退したが、11年から復帰。排気量を小さくし燃費効率を上げるなど日本市場に合わせた新車を投入し、12年度の輸入車モデル別の新車販売台数では、VW「ゴルフ」(1万9464台)を筆頭に上位20車種すべてを欧州勢が占めている。スウェーデンのボルボも07年以来の参加を決めるなど、欧州勢と米国勢での対応ははっきりと分かれる形となっている。

翻って2輪はどうか。米国勢を代表するハーレー・ダビッドソンは依然、輸入車ナンバーワンの販売台数を堅持しているし、BMWを筆頭に欧州勢も好調。趣味性の高い2輪の場合、4輪とは事情が異なるようだ。

東京モーターショーへの出展に関するメーカー各社の動向についてまだはっきりした情報は得ていないが、今年3月に開催された東京・大阪モーターサイクルショーの盛況ぶりを見る限り、11月の東京モーターショーの盛り上がりも期待できそうではある。

ただ、近年においては2輪各メーカーともターゲットユーザーに直接アピールできる「モーターサイクルショー」に重きを置いているような節もあり、また、出展料の高額な「モーターショー」は弱小メーカーにとっては出展そのものが厳しいと聞く。

開催概要によると、2013東京モーターショーでは「技術立国・日本」をアピールしていくそうだ。ぜひ2輪・4輪を含めたモビリティ全体として、2年に一度の自動車の祭典、世界三大モーターショーのひとつと言われてきた歴史ある「東京モーターショー」を盛り上げていただきたいものだ。

Webikeニュース編集長/ケニー佐川

【参照-SankeiBiz】
◆東京モーターショー、米ビッグ3不参加 車種展開乏しく日本市場軽視
http://www.sankeibiz.jp/business/news/130410/bsa1304100501000-n1.htm

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. アプリならではのオリジナルコンテンツを配信 カワサキモータースジャパンは、スマートフォン用…
  2. 新しい色彩調和に挑戦したデザインが評価 ヤマハ発動機の「MT-10」「MT-09」「MT-…
  3. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  4. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
ページ上部へ戻る