[SUZUKI]JMX Rd.1 熱田孝高はヒート1、小島庸平はヒート2で共に3位表彰台を獲得

MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第1戦九州大会は、熊本県菊池郡大津町のHSR九州で開催された。IA1クラスではTeam SUZUKIの熱田孝高が第1ヒートで3位表彰台を獲得。

第1ヒート5位でフィニッシュした小島庸平は第2ヒートで3位表彰台を獲得し、小島は今大会総合2位、熱田は総合9位でシーズンをスタートさせた。今季新たにチームに加わったIA2クラスの岡野 聖は大会直前の練習中に負傷し苦しいレースを強いられたが、第2ヒート10位で貴重なポイントを獲得した。

急速に発達する「爆弾低気圧」の影響で全国的に荒れ模様となった週末。九州地方も土曜日に暴風雨となり、日曜日はやや天候が持ち直したものの真冬並みの冷え込みとなったため、完全なマディコンディションでの開幕となる。IA1クラス第1ヒート、熱田はオープニングラップを5番手、小島は7番手でクリア。2周目にひとつ順位を上げた熱田は、5周目に地元の深谷広一(ホンダ)をパスし3番手に浮上。先行する2台は逃したものの、最後まで手堅く走り切った熱田は開幕レースで3位彰台を獲得。小島も順位を二つ上げて5位でフィニッシュした。

続く第2ヒート、共にまずまずのスタート決めた小島と熱田は、小島が3番手でオープニングラップをクリア。一方の熱田はスタート直後の混戦で他車とラインが交錯して転倒。コースサイドに寄せた深い泥に嵌まって抜け出せなくなり、熱田はいきなり周回遅れとなってしまう。コースのほぼ全域に深いワダチが刻まれ、所々でマシンがストップするような状況の中慎重に周回を重ねた小島は3番手のポジションをキープしてチェッカーを受け3位表彰台を獲得。なんとか再スタートして最後尾から追い上げた熱田は9台をパスし14位でフィニッシュした。

 IA2クラス、スタートで出遅れた岡野は1周目のコントロールラインを17番手で通過。怪我による痛みに堪えながら懸命にバトルを繰り広げた岡野だったが、ラストラップにミスでマシンを止めてしまい21位。第2ヒート、オープニングラップを14番手でクリアした岡野は、慎重な走りを強いられながらも確実に順位を上げ11位でフィニッシュ。出場すら危ぶまれた岡野だったが、開幕戦で貴重なポイントを獲得した。

レディースクラスでは、ゼッケン1を付けて臨んだSRFスポーツ&SHOレーシング美杉の邵洋子がオープニングラップを2番手でクリアすると、先行する地元の畑尾樹璃(カワサキ)にプレッシャーを与えてミスを誘い5周目に逆転に成功。後半も安定したペースで走り切った邵が新チャンピオンとして臨んだシーズン初戦で鮮やかな優勝をマークした。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  2. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
  3. ホンダは、ビジネスやパーソナルユースなど、幅広い用途で支持されている「スーパーカブ50」「ス…
  4. 進化を続ける伝統モデル Hondaは、力強い出力特性の水冷・4ストローク・DOHC・直列4…
ページ上部へ戻る