[KTM]MotoGP moto3 Rd.1 初戦はKTM勢が圧勝!

2013年4月7日、カタールの首都/ドーハにあるロザイル・レーシング・サーキ
ットで『2013MotoGP/第1戦カタール』が開催されました。 Moto3クラスを戦うKTMのファクトリーチーム/Red Bull KTM Ajoからは、#39/Luis Salom(ルイス=サロム)、#61/Arthur Sissis(アーサー=シシス)、#63/Zulfahmi Khairuddin(ズルファミ=カイルディン)が参戦。
また今シーズンはファクトリーライダーを含む8人のライダーが「KTM RC250 GP」を駆り、またドイツのシャシースペシャリスト/KALEX(カレックス)のフレームにKTM M33 Moto3エンジンを組み合わせた「KALEX-KTM」で8人のライダーがMoto3クラスに挑みます。

予選が始まった瞬間から、数名のライダーによるバトルが展開されることは予想できました。そのなかでサロムはトップタイムをマークし、自身初のポールポジションを獲得。そしてその隣には、今季からKTMを駆るTeam Calvoの#25マーベリック=ビーニャレスが並びました。また同じくKTMを駆るEstrella Galicia 0,0の#42 アレックス=リンスと、KALEX-KTMを駆るMapfre Aspar Team Moto3の#94ジョナス=フォルガーが、サロムのタイムから1秒以内に並んでいました。

迎えた決勝。予選上位を占めたKTMライダーが順位を入れ替えながらレースを展開。そんななかフォルガーがカタール特有の砂の浮いた路面に足をすくわれ脱落。その間に今季MotoGPで話題を集めているマルク・マルケスの弟Estrella Galicia 0,0の#12アレックス・マルケスがトップ集団に加わります。

そしてマルケスとリンスがトップ争いを演じていたレース終盤。スリップストリームを上手く使ったライダーに勝利が微笑むことは明確でした。そこでサロムはスリップを使い最終ラップに首位に立つと、集団をわずかに抜け出しゴール。

KTMファクトリーチームに2012の最終戦以来の勝利をもたらしました。
2位にはビーニャレスが、リンスとマルケスが3位と4位に。またカイルディンは6位、シシスは8位でレースを終えました。

その結果、上位4人はスペイン人ライダーが占めると同時に、上位10名中KTMが7名、KALEX-KTMが1名、合計8人のKTMライダーが占めその強さを見せつけました。

■KTMモータースポーツの代表/ピット・バイラーのコメント:
「今シーズン、私たちはマシンを大幅に改良しました。そして開幕戦ではそれ
が功を奏した。マッティングホーフェンのファクトリーにいるメカニックやエンジニアはこの成功を得るために莫大な仕事をこなした。私たちはそれに感謝しなければならない。KTMはロードレースシーンに戻ってきました。今年はKTMとKALEX-KTMの間で激しいバトルが見られるだろう。面白い年になるので期待して欲しい」

次戦/第2戦は、4月21日(日)アメリカ・オースティンで開催されます。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る