[HONDA]MotoGP Rd.1 6番手スタートのマルケスが、GPクラス初チャレンジにして3位表彰台を獲得。ペドロサは4位でフィニッシュ

マルケスがMotoGPクラスのデビュー戦で初表彰台に立つ。ペドロサは4位

開幕戦カタールGPの決勝レースは、予選6番手からデビュー戦に挑んだマルク・マルケス(Repsol Honda Team)がすばらしい走りをみせて、3位表彰台に立ちました。マルケスは、フリー走行でトップタイムをマークして周囲を驚かせ、予選ではアタックに失敗して6番グリッドへとポジションを落としましたが、決勝レースではフリー走行の好調さを発揮することに成功しました。

デビュー戦ということで「グリッド上で緊張した」というマルケス。6番グリッドはコースのイン側で路面が汚れているためにスタートに失敗しました。そのため、オープニングラップ7番手へと1つポジションを落としましたが、2周目にはバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)、ステファン・ブラドル(LCR Honda MotoGP)、そしてアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)を次々にパスして4番手に浮上。3周目にカル・クラッチロー(ヤマハ)をかわして3番手へ。そして、予選3番手スタートから2番手を走るチームメートのダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)の背後に迫りました。

その後、しばらくはペドロサとのランデブー走行となりますが、17周目にペドロサをパスして2番手に浮上します。しかし、20周目にロッシにかわされて最終的に3位でフィニッシュしました。それでも、レース中のファステストラップをマークするなど非凡な才能を遺憾なく発揮し、レースファンを喜ばせました。

ペドロサは、まずまずのスタートを切ってオープニングラップ2番手につけますが、リアタイヤのグリップに苦しんで、マルケス、ロッシにかわされて4位でした。

予選8番手から決勝に挑んだアルバロ・バウティスタ(GO & FUN Honda Gresini)は、フリー走行で課題になったブレーキングの安定性に苦戦しますが、我慢の走りで6位フィニッシュしました。予選5番手から決勝に挑んだブラドルは、オープニングラップ6番手から3周目に5番手に浮上、5台で形成されたセカンドグループの集団に入りますが、8周目の7コーナーで転倒、リタイアに終わりました。チームメートでCRTマシンで出場のブライアン・スターリング(GO & FUN Honda Gresini)も2周目に転倒してリタイアとなりました。

Moto2クラスは、予選でポールポジションを獲得したポル・エスパルガロ(Tuenti HP 40)、予選2番手の中上貴晶(Italtrans Racing Team)、予選4番手のスコット・レディング(Marc VDS Racing Team)の3人がトップグループを形成しました。前半は中上、中盤はレディングが集団をリード。そして、後半トップに立ったエスパルガロが、レディングの追撃を振りきって開幕戦を制しました。2位にレディングが入り、Moto2クラス2年目のシーズンを迎える中上は3位で、グランプリ初表彰台を獲得しました。IDEMITSU Honda Team Asiaの高橋裕紀は、オープニングラップにコースアウトし、大きく順位を落として23位でした。

Moto3クラスは、予選15番手から決勝に挑んだダニー・ウェッブ(Ambrogio Racing)が11位、チームメートのブラッド・バインダーが12位でフィニッシュ。ルーキーの渡辺陽向(TASCA RACING)は27位でチェッカーを受けました。

■マルク・マルケス(MotoGP 3位)
「初めてのMotoGPのレースでしたので、グリッドではとてもナーバスになりました。これほどナーバスになったことはなく、落ち着くのがとても難しく、Moto2のときのように集中することができませんでした。でも、スタート直前に集中力を取り戻しました。スタートは重要でした。路面が汚れている部分からスタートするのは分かっていました。予想通り、いいスタートはできませんでしたが、序盤からアタックすることができましたので、多くのライダーをオーバーテイクすることができました。これが今日の好走のカギだったと思います。ダニの後ろを走っていたときに多くのことを学びました。また、そのあとバレンティーノ(ロッシ)の後ろでもいろいろ学びました。彼と戦っているのは、とてもうれしかったですが、同時に大変でした。バレンティーノはオーバーテイクするのが難しいライダーでした。今回は負けてしまいましたが、彼やほかの速いライダーから学んでいきたいです」

■ダニ・ペドロサ(MotoGP 4位)
「今日のレースはいい部分もありました。高いレベルで力強い走りができましたが、リアグリップが十分ではなかったのでレース中ずっとスライドしていました。オープニングラップからロレンソがとても速くて、ついていきたかったのですが、コーナーでトラクションの問題が出たので、自分のポジションをキープしようと思いました。一生懸命ポジションをキープしようとしましたが、とても速いペースで、ロッシにパスされました。正直彼を止めることはできませんでした。彼はまっすぐ抜いていきました。できる限りのことはしましたが、十分ではありませんでした。もしかしたらリアのセットアップに問題があったのかもしれません。レースウイーク中、ずっとこの問題がありましたし、今夜はグリップが十分ではありませんでした。最後で表彰台を逃してしまいました。プレシーズンテストではセットアップもよかったので残念です。今夜はうまくいきませんでした」

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  2. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  3. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
  4. ホンダは、ビジネスやパーソナルユースなど、幅広い用途で支持されている「スーパーカブ50」「ス…
ページ上部へ戻る