原付に「ご当地ナンバー」がブーム!?

最近、街でなにやらカワいいデザインのナンバープレートを付けている原付などを見かけるようになった。「ご当地ナンバープレート」と言うらしい。
先日もツーリングライダーのメッカとして知られる箱根町が“走る広告塔”で観光PRにつなげようと、原付のご当地ナンバープレート作成に取り組んでいるというニュースが話題になった。

箱根町のご当地ナンバーは、富士山と芦ノ湖、箱根神社の鳥居を描いたもので、町が以前作成した誘客用のバッジのデザインを活用。外枠には、箱根寄木細工の模様を配したという。対象となるのは、白色(50cc以下)、黄色(90cc以下)、桃色(125cc以下)、青色(50cc以下のミニカー)の4種類で、町内の対象車に対し計750枚を作成。県警との調整などを経て、10月ごろから希望者に交付する予定という。

自治体が交付する原付ナンバーは、独自にデザインすることが可能である。標準的なデザインは総務省の通達に基づくが、実際は市区町村の条例でデザインを決定するため、安全性などを同等とした上で独自のデザインを導入する自治体も増えてきた。いわば“低コストでできる地域の広報活動”であるご当地プレートを導入し、地域の知名度向上や経済的効果なども期待されているようだ。

すでにご当地プレートを導入している例としては、「富士山」のイラストを用いた静岡県御殿場市や「坂の上の雲」をイメージした愛媛県松山市、漫画「おそ松くん」のキャラクターを採用する東京都青梅市など、全国に様々なものがある。
また、鎌倉市など世界遺産登録に向けてのPRの一環として取り組んでいる自治体もあるようだ。

2007年の松山市を皮切りに、ここ数年でご当地プレートは増え続け、現在すでに190の市町村で導入されている盛況ぶり。現在使用している通常のナンバープレートをご当地ものに交換する場合も、無料で交換できるのというのは嬉しいかも。
一般財団法人「日本経済研究所」では、現在全国で導入されているご当地プレートの画像を公開しているので、興味のある人はのぞいてみてほしい。

Webikeニュース編集長/ケニー佐川

▼“走る広告塔”、箱根町などが「ご当地ナンバー」導入/神奈側
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130301-00000029-kana-l14

▼「日本経済研究所」ホームページ
http://www.jeri.or.jp/center/myplate/index.html

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  2. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
  3. ホンダは、ビジネスやパーソナルユースなど、幅広い用途で支持されている「スーパーカブ50」「ス…
  4. 進化を続ける伝統モデル Hondaは、力強い出力特性の水冷・4ストローク・DOHC・直列4…
ページ上部へ戻る