[SUZUKI]WMX第3戦 ケビン・ストライボスが今季初のポディウム登壇!

3月31日〜4月1日、オランダのバルケンスワードで開催された2013FIMモトクロス世界選手権シリーズ第3戦、ロックスターエナジースズキのケビン・ストライボスが第2レースで3位表彰台を獲得、総合でも4位に入り、RM-Z450ファクトリーマシンと共に2万7000人の観客の前で華麗なスピードを披露した。チームメイトのクレメン・デサールは、第1レースのスタート後にクラッシュを喫したもののケガなどのダメージはなく総合7位。

オランダの都市アイントホーヴェンの南に位置するバルケンスワードだが、レースウィークは例外的な寒さに見舞われ、コースの特色にもなっているサンド路面は凍ったように固いままとなった。このため例年のようなギャップやわだちが増えることもなく、ライダーにとっては予想外にスリッピーなスピードコースとなった。

ストライボスの決勝2レースにおけるレース運びは、非常に対照的な内容だった。第1レースの35分プラス2周は、順調なスタートをきったにもかかわらず、その後マシンのセットアップが合わず追い上げに苦戦、結果は7位。しかし第2レースは、レース前にフロントフォークとリアショックのモディファイをおこない、固いながらも荒れたコース路面をみごとに攻略、ストライボスは見違えるような走りを見せ、4位のE・ボブリシェフ(ホンダ)を大きくリードして3位フィニッシュ、今季初となる表彰台を獲得した。

一方、開幕戦カタールGPを勝利して期待のかかるデサールには、試練の多い大会となった。第1レースはスタート直後のクラッシュにより最後尾からの追い上げを余儀なくされ、ラップごとに順位を上げたものの結果は8位、13ポイント獲得にとどまった。第2レースは慎重なレース運びに徹し、中盤にM・ナグル(ホンダ)をかわすと、手堅く5位でフィニッシュした。

第4戦イタリアGPは4月14日、ヴェニスの北西アルコ・ディ・トレントで、続いて4月21日は第5戦ブルガリアGPがセブリエボで開催される。

デサールはランキング2位をキープしてトップのA・カイローリ(KTM)に26ポイント差、ストライボスは今大会の活躍によりランキング5位に浮上している。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る