[SUZUKI]全日本ロードレース選手権 開幕戦、加賀山就臣が6位入賞!

ついに開幕した全日本ロードレース。今シーズン、JSB1000クラスのスズキユーザーは、4年ぶりに全日本ロードレースに復帰したヨシムラスズキ、MotoMap SUPPLY、そしてTeam KAGAYAMAの3チームをメインに、浜松チームタイタンなどが参戦した。

ライダーは、ヨシムラスズキからは、JSB1000クラス初参戦となる津田拓也。MotoMap SUPPLYは引き続き今野由寛、Team KAGAYAMAも引き続き加賀山就臣が参戦。しかし加賀山は、昨年のオートポリス大会での負傷がまだ癒えず、シーズン前には再び入院し、左ひざの手術を受けたばかり、というコンディションでの強行出場となった。

今大会は開幕戦ということもあり、通常よりも1日長い木曜日からレースウィークがスタート。しかし、気温、路面温度とも3月末とは思えないほど寒く、しかも1日ごとに気候も安定しないコンディション。土曜の公式予選は、今にも降り出しそうな曇り空となった。

新たに2ステージ制ノックアウト方式で行われることとなった公式予選では、第2ステージに進めるTOP圏内に津田、加賀山が進出。第2ステージの結果、津田がフロントロー3番手、加賀山がセカンドロー5番手グリッドを獲得。今野はおしくも11番手で第2ステージに進めず、4列目からのスタートとなった。

日曜の決勝日は雨。小雨ながら終日路面はウェットコンディションで、気温は10℃に届かないという、冬を思わせるコンディション。ウィークで初めてのレインタイヤ装着のウォームアップ走行では、今野が4番手に進出。津田が9番手、加賀山が11番手タイムをマークした。

決勝レースは、引き続き霧雨のなかでの開催。スタートでは加賀山がうまく飛び出し、1コーナーへ2番手あたりで進入。しかし、やはり体力的に無理ができず、6番手でオープニングラップを終了。今野もスタート良く飛び出し7番手あたりにポジションを上げて2周目に突入するが、津田はスタートこそよかったものの、オープニングラップのペースが上がらず、11番手あたりまでポジションを下げてしまう。

レースは秋吉(ホンダ)がリードし、柳川(カワサキ)、山口(ホンダ)、中須賀(ヤマハ)、高橋(ホンダ)の後方に加賀山、今野がつけるオーダー。ポジションは、秋吉がペースを上げたまま独走態勢に入り、レース前半に高橋が2番手に浮上。山口、柳川、中須賀が3番手争いを展開するなか、加賀山は単独で6番手をキープ。今野はレース後半に8番手となるものの、このポジションをキープ。さらに津田はスタートこそ出遅れたものの、周回を重ねるごとにペースを上げ、トップグループと変わらないタイムで周回し、9番手までポジションを上げてフィニッシュした。

◆加賀山 就臣  Team KAGAYAMA コメント
予選レース/5位 決勝レース/6位
「まだ昨シーズンの負傷が完治していないのと、シーズン直前に再入院して手術したことで、体調が万全ではない中、とにかく無事に走りきって1ポイントでも取ろう、と考えての出場でした。事前テストも参加できず、レースウィークからの走行になったのですが、走るたびにタイムは上がるものの、やはり欲も出てきてしまって、自分を抑えながらの走行になりましたね。レース中は、雨ということもあって、とにかく自分を抑えて、無事に完走する、というチーム全員との約束を守ろうと思って走りました。6位という順位はとうてい納得できませんが、この6位15ポイントがシーズン終盤のチャンピオン争いに効いてくることを信じています。」

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る