【新車】ホンダ「CBR600RR」をモデルチェンジするとともにスペシャルカラーモデル「CBR600RR Special Edition」を限定発売

Hondaは、高性能な水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・直列4気筒600ccエンジンを搭載したスーパースポーツモデル「CBR600RR」をモデルチェンジし、3月22日(金)に発売します。
また、“Repsol Honda Team”カラーを採用した「CBR600RR Special Edition」を受注期間限定※1で3月22日(金)に発売します。

CBR600RRは、新設計のフルカウルを採用することで、より優れた空力特性とシャープなデザインを実現しています。フロントサスペンションには、「CBR1000RR」と同様に、ブレーキング時の安定性と乗り心地の向上を図ったビッグ・ピストン・フロントフォークを新たに採用しています。また、前・後ホイールには、12本スポークのアルミキャストホイールを採用するなど、市街地走行からスポーツ走行まで幅広いシチュエーションで扱いやすく爽快な走りを楽しむことを可能としています。

CBR600RR Special Editionは、ロードレース世界選手権シリーズ最高峰のMotoGPクラスに出場しているRepsol Honda Teamのカラーを施し、レーシングイメージの高いモデルとしています。なお、Repsol Honda Teamのスポンサーステッカーを車両本体に同梱しています。

CBR600RR、CBR600RR Special Editionともに、スーパースポーツモデル用として世界で初めて※2採用した電子制御式“コンバインドABS”を搭載したABS仕様車もタイプ設定しています。
※1 受注期間は、2013年3月12日(火)から4月7日(日)まで
※2 Honda調べ

●発売日:2013年3月22日(金)
●販売計画台数(国内・年間) シリーズ合計:350台
●メーカー希望小売価格
・CBR600RR グラファイトブラック :1,098,300円(消費税抜き本体価格 1,046,000円)
・CBR600RR ロスホワイト:1,129,800円(消費税抜き本体価格 1,076,000円)
▼CBR600RR<ABS> グラファイトブラック:1,266,300円(消費税抜き本体価格 1,206,000円)

▼CBR600RR<ABS> ロスホワイト:1,297,800円(消費税抜き本体価格 1,236,000円)

▼CBR600RR Special Edition:1,192,800円(消費税抜き本体価格 1,136,000円)

・CBR600RR<ABS> Special Edition :1,360,800円(消費税抜き本体価格 1,296,000円)
※ 価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

=CBR600RRシリーズの主な特長=

■新形状のカウルを採用したシャープなスタイリング
スタイリングは、「マス集中フォルム」を基本として、スピード感と躍動感を強調しています。MotoGPのレース現場からフィードバックした軽量化技術とエアマネジメント技術を注ぎ込んでいます。フロントカウルは、空気抵抗低減と高い冷却効率を追求した形状にするとともに、エンジンの熱がライダーへ向かって巻き込まないように配慮し、快適性を高めています。テールカウルは、MotoGPマシン「RC213V」と同型のカウルダクトを配し、レーシーなイメージを表現しました。また、LEDのテールランプとセンターアップマフラーなどによって、精悍なリアビューとしています。

■軽快な走りと乗り心地を両立した足回り
フロントサスペンションには、新たにビッグ・ピストン・フロントフォークを採用しています。このシステムは、ピストンの大径化によりフォークオイルの受圧面積を増大させ、減衰力を低内圧で発生させるため、ストローク初期でのスムーズさと遊びの少ない作動性を実現させるなど、減衰力の過渡特性を向上させています。また、フルブレーキング時のさらなる安定化と乗り心地の向上を高次元で両立させています。なお、リアサスペンションには従来から継承しているユニットプロリンクサスペンションを採用しています。
前・後のアルミキャストホイールは、12本スポークタイプを新たに採用。タイヤ接地点から受ける各方向の荷重に対する剛性を均等にして、操舵フィーリングの向上を図っています。これらの採用によって、市街地走行からスポーツ走行までの幅広いシチュエーションで扱いやすく軽快な走りを可能としています。

■力強く高回転まで滑らかな高性能エンジン
従来モデルから継承する水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・直列4気筒エンジンを搭載。今回、高回転域でのトルク特性を向上させるために、空気吸入口のラムダクトの形状を見直しています。

■電子制御式“コンバインドABS”をタイプ設定
スーパースポーツモデル用としてHondaが世界で初めて開発した電子制御式“コンバインドABS”をタイプ設定しています。このブレーキシステムは、コンバインドブレーキシステム(前・後輪連動ブレーキシステム)と、ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)の双方を電子制御化し、より緻密にコントロールすることで、ブレーキング時の安心感を大幅に高めています。

■カラーリング
CBR600RR(ABS仕様車を含む)の車体色は、Honda伝統のトリコロールをイメージしたスピード感あふれるロスホワイトと、全身をブラックで統一した精悍なグラファイトブラックの新色2色としています。
CBR600RR Special Edition(ABS仕様車を含む)は、MotoGPで活躍しているHondaワークスチームRepsol Honda TeamのRC213V(2012年シーズン車)のカラーリングであるバイブラントオレンジを採用し、レーシングムードにあふれた特別なモデルとしています。

■お問い合わせは、
お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る