[YAMAHA] 2回目となるMotoGPテストがマレーシアで開催 ロレンソが総合トップのタイムで日程を終了

■2月26日(1日目)
第2回セパンテストは雨のなかでスタート

ヤマハ・ファクトリー・レーシングは2月26日、マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットで行われた今季2回目の公式IRTAテストに参加。しかしその初日は雨に見舞われてコンディションが悪く、午前中はスケジュール通りに実施されたものの午後は天候悪化によりキャンセルとなった。

午前中に行われた第1セッションではJ・ロレンソが、開始早々からペースを上げて好調ぶりをアピール。おもに加速性能向上を目指してセッティングに取り組みながら、トータル25ラップを走行して2位を獲得した。トップとの差は0.235秒。一方、チームメイトのV・ロッシはセッション序盤に2013年型マシンに不具合が発生したため、2012年型マシンに乗り換えてテストを続行。セッションの最後まで走りきって貴重なデータの収集を行い、トップにコンマ5秒差と迫る5位につけた。

■2月27日(2日目)
テスト2日目でロレンソがトップを獲得

公式テスト2日目。ディフェンディング・チャンピオンのロレンソがトップに躍り出た。第1セッション開始と同時に一気にタイムを上げたロレンソは、そのまま順調にハイペースをキープ。そしてついに首位に上がると、この日の走行終了まで2度とその座を譲らなかった。昨日よりも路面コンディションが良くなったこともあり、初日トップのD・ペドロサのタイムを1.5秒近く更新する2分00秒282を記録している。

一方のロッシは、電気系統に小さな問題が出たため若干遅れてのスタート。しかしコースに出てからは非常に好調で、消耗したタイヤでトラクション向上を図るためのテストに取り組み、トータル63ラップを走破した。ラップタイムでは初日のタイムを1秒以上更新し、5位をキープした。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
  2. オートバイ関連部品の開発・製造等を行うキジマは、USBチャージャー「TWIN PORT TY…
  3. 株式会社ホンダモーターサイクルジャパンは6月14日に、2輪車用補修部品(純正部品)のメー…
  4. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産…
ページ上部へ戻る