Filippo Preziosi resigns from Ducati

Filippo Preziosi has resigned from Ducati before he was due to start his new role as Director of R&D, citing poor health.

Preziosi was the engineer in charge of the development of the Desmosedici MotoGP machine throughout the successful Casey Stoner era and also during the disastrous Valentino Rossi period….

関連記事

編集部おすすめ

  1. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  2. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  3. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  4. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
ページ上部へ戻る