全日本ロードレース選手権第6戦SUGO大会JSBクラスは、セミ耐久レースで開催!

2013年全日本ロードレース選手権は、下記のスケジュールでJSB1000、ST600、J-GP2、J-GP3の計4クラスが、全国6箇所のサーキットでシリーズ全9戦として開催されます。各大会で独特の運営がされており、第2戦鈴鹿、第3戦オートポリス、第5戦もてぎでは、4輪国内最高峰のスーパーフォーミュラとの併催となる「2&4」レース。

ますます盛んになるアジア地域との交流としては、2006年から開催されてきたアジア国別対抗ロードレースがFIM ASIA CUP日本ラウンドとして第6戦SUGOで開催、また、第7戦オートポリスではアジアロードレース選手権(ARRC)日本ラウンドが開催されます。

さらに、8月24日〜25日に開催される第6戦SUGO大会のJSBクラスは今シリーズ中唯一の『セミ耐久レース』として開催が決定しました。その名も『SUGO 100マイルスーパーバイクレース。文字通りレース距離は100マイル(約160km)でライダーは2名以内(1名で走行も可)、最低1回のピットインが義務付けられ、通常のスプリントレースや本格的な耐久レースの鈴鹿8耐とは一味違うレースをお楽しみいただけます。

誰がレギュラーライダーとペアを組むのか、有名ベテランライダーや他のクラスで活躍する若手ライダーの起用が期待されます。8月のSUGOに乞うご期待!

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  2. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  3. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
  4. ホンダは、ビジネスやパーソナルユースなど、幅広い用途で支持されている「スーパーカブ50」「ス…
ページ上部へ戻る