KTM 「250EXC-F SIX DAYS」「500EXC」「Freeride 350」「990SMR」の燃料ホース リコール

リコール開始日:平成25年2月26日

【不具合の部位】
燃料ホース

【不具合の内容】
燃料ホースの強度が不足しているため、燃料の圧力により当該燃料ホースが損傷して燃料が漏れることがある。最悪の場合、漏れた燃料がエンジンに付着して出火する。

【改善の内容】
全車両、当該燃料ホースを良品に交換する。

【使用者に周知させるための措置】
・使用者: ダイレクトメール、ホームページでの掲載で通知する。
・自動車分解整備事業者:全ユーザーを把握しているので、周知のための措置はとらない。
・改善実施済車には、ステアリングヘッド右側車台番号後方に No.外-1887 ステッカーを貼付する。

【対象車の型式、通称名、車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間、台数】

車名 型式 通称名 リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間 リコール対象車の台数
KTM 250EXC-F 250EXC-F SIX DAYS VBKEXA406CM164978 〜 VBKEXA405CM169346
平成23年6月20日〜平成23年7月25日
94台
500EXCEXA44 500EXC VBKEXA404DM482938 〜 VBKEXA402DM482940
平成24年4月24日〜平成24年4月24日
2台
350FRFRA42 Freeride 350 VBKFRA402CM271363 〜 VBKFRA404CM272160
平成24年3月23日〜平成24年4月23日
56台
990SMVS
949
990SMR VBKVS9404CM985655 〜 VBKVS9401CM988271
平成23年12月21日〜平成24年3月15日
10台
(計4型式) (計4車種) (製作期間の全体範囲)
平成23年6月20日〜平成24年4月24日
(計162台)

【注意事項】リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  2. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  3. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  4. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
ページ上部へ戻る