トライアンフから新型「ストリートトリプル85 ABS」が発売!

トライアンフから国内新登場となるニュー「ストリートトリプル 85 ABS」およびニュー「タイガースポーツ 1050 ABS」が4月に発売させることとなった。今回は新型ストリートトリプルについてクローズアップしてみたい。
その名のとおり、このモデルは最大出力85PSに抑えられ、ABSが装備されたエントリーモデルとしての位置付け。扱いやすいパワーと90万円を切る戦略的な価格設定がポイントだ。

まず目につくのは、よりスマートに洗練されたデザイン。新しいダウンタイプのステンレス製エグゾーストは、ルックスが向上しただけでなく軽量化とマスの集中化にも大きく貢献している。

シャシーも新設計となり、アルミ製ツインスパーフレームが2ピース構造の高圧ダイキャスト製リアサブフレームと一体化。フレームのコンポーネントと溶接個所を減らして軽量化を図るとともに、キャスターを24.1oにまで小さくしたほか、トレールを0.5mm延ばして99.6mmに設定するなどジオメトリーにも改良が加えられ、シャープでダイナミックなハンドリングに磨きをかけたようだ。また、車輛重量は燃料を満タンにした状態で183kgと先代モデルに比べてさらに6kg軽量化されている点も見逃せない。
足回りはフロントにφ41?倒立フォークとダブルディスク+片押し2ピストンキャリパー、リヤにモノショックとシングルディスク+シングルピストン、という基本構成は従来型を踏襲するが、データからは前後サスのストローク長やフロントディスク径などは微妙に変更が加えられているようだ。

心臓部には従来どおり排気量675ccの水冷式3気筒12バルブエンジンとクロスレシオの6速ギアボックスが搭載されるが、大きな違いは最大出力。中低速域のパフォーマンスを重視したチューニングが施されたエンジンは、従来型の106PS/11,700rpmに対して85PS/10,000rpmに抑えられている。最大トルクもより低い回転域から発生することもあり、より扱いやすく穏やかな出力特性になっているとも言えるが、見方を変えるとディチューンともとれる。

進化した装備としては、切り換え可能なABSやエンジンイモビライザ?が標準装備されたこと。ラップタイマー、設定変更が可能なギアチェンジライト、燃料計、時計、ギアポジションインジケーターなどが組み込まれた、LCDタイプのデジタルメーターの表示機能には特に変更はないようだ。そして、なんといっても魅力はプライス。従来型より約11万円安い90万円を切る価格になり、トライアンフがぐんと身近になったことは間違いない。

ただ、気になるのは、リリースにあった一文で、「今年の後半には、いっそうパワフルなモデルが加わってこのモデルレンジが完成します。ニュー・ストリートトリプルのラインナップには、エントリーライダーを対象としたモデルから、最も要求の厳しいライダーに向けた、クラストップのパフォーマンスを誇るモデルまでが顔を揃えます」というくだり。
つまり、秋頃にはフルパワーの「R」バージョンが出るということか。目的やユーザーターゲットが異なるバージョンになることは容易に想像できるが、そうくるならちょっと様子をみようかな、と思うのが人情かも。いずにしても楽しみである。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

[関連ニュース]
◆トライアンフ、「ニュー・ストリートトリプル 85 ABS」&「ニュー・タイガースポーツ 1050 ABS」の日本導入を発表!

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る