[HONDA]MotoGPセパン・2013年ポストシーズンテストレポート

2013年のシーズン開幕を告げるMotoGPクラスの公式テストが、2月5日(火)から7日(木)までの3日間、マレーシアのセパン・サーキットで行われました。今季初となった公式テストには、Repsol Honda Teamからダニ・ペドロサとマルク・マルケス、LCR Honda MotoGPからステファン・ブラドル、GO & FUN Honda Gresiniからアルバロ・バウティスタと、チームメートでCRTマシンで出場するブライアン・スターリングの5選手のHondaライダーが参加しました。

Repsol Honda Teamは、1月24日にマドリッドで発表会を行い、今年はマシンのカラーリングを一新してシーズンに挑みます。昨年は、ペドロサが2012年シーズン最多勝となる7勝を挙げて総合2位。そこに、総合3位のケーシー・ストーナーの5勝を加えると、Repsol Honda Teamはシーズン通算12勝を挙げて、最高峰クラスでは2年連続19度目、通算61度目のコンストラクターズタイトルを獲得。チームタイトルも獲得して2冠を達成しました。しかし、惜しくも個人タイトルは逃すという悔しいシーズンとなり、今年は2年ぶりの3冠獲得を目標とするシーズンになります。

Hondaのエースとして念願の個人タイトル獲得が期待されるペドロサは、Repsol Honda Teamで8年目のシーズンを迎えます。昨年は、シーズン中盤戦に投入されたニューマシンのパフォーマンスを遺憾なく発揮し、シーズン優勝回数や連勝記録など、自己記録をすべて更新しました。昨年はケガもなく、シーズンを通して万全の体調で戦うことができ、今年も万全の状態で初テストを迎えました。今回のテストは、連日30℃前後の最高気温が続き、雨が降ったのはテスト2日目の夕方だけと、天候に恵まれたこともあり、予定していたメニューをすべてこなすことができました。

今回のテストは、今シーズンのエンジン仕様を決める重要なテストとなりました。今年からシーズン中に使用できるエンジンが6基から5基へ。シーズン中のエンジン開発も禁止となり、エンジンのスペックを決めることが、初テストの最重要課題となっていました。3冠奪還を目指すHondaは、ペドロサのリクエストに応え、今回の初テストにいくつかの仕様を準備しました。

ペドロサは、スペックの異なるエンジンで130ラップをこなし、3日連続でトップタイムをマークしました。3日目には、トータルのベストタイムとなる2分00秒100をマーク。ペドロサは「今回はタイムを出すことは目標ではない」と語りながらも、昨年の同時期のテストでマークしたベストタイムの2分00秒256をクリア。念願のタイトル獲得に向けて手応えのあるシーズン初テストになりました。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る