Hondaから新快適クルーザー「CTX」シリーズ登場!

Hondaの米国現地法人、アメリカン・ホンダモーターから、新コンセプトのクルーザーモデルがデビューする。「快適技術の体感」を新たな開発コンセプトに掲げた「CTX」シリーズの第一弾として、ネイキッドモデル「CTX700N」とカウル装着モデル「CTX700」を、米国シカゴで開催の国際モーターサイクルショー(International Motorcycle Show)にて発表された。

CTXのネーミングは、Comfort Technology Experienceに基づいたもので、スタイリングはもちろん、車体やエンジンなどあらゆる領域で、優れた快適性を実現するための技術を追求しているという。スタイリングはHonda独自の「水平基調デザイン」をデザインのテーマとし、「おおらかで力強い面構成」と「機能的に独立した部品構成」をキーワードに、フレーム構成からシートやサイレンサーに至る細部まで、機能美を融合した水平基調で表現。

車体は、新設計のリアサブフレームを採用することで、足着き性に優れ安心感のある720mmの低シート高を実現。ライポジも自由度が高く、市街地走行から長距離ツーリングまで幅広い用途で快適な走行を楽しめるものとした。
エンジンは常用域の使い勝手と燃費性能に優れた水冷・直列2気筒670ccを搭載し、マニュアルトランスミッション搭載タイプとDCT=デュアル・クラッチ・トランスミッション搭載タイプを設定している。
CTX700NとCTX700は、グローバルモデルとして熊本製作所で生産し、世界各国に輸出される。日本では、2013年初夏の発売を計画しているとのことだ。

昨年秋に行われたホンダの社長会見骨子でも、予告されていた「New Midシリーズに続く、日々の通勤や週末のツーリングを気軽に楽しめる、新しいコンセプトの大型モデルシリーズ」がついに姿を現したことになる。
エンジンや車体構成を見ても、世界的に大成功を収めているNC700シリーズをベースとしたモデルであることは明らかで、キャラクター的にはまさに「クルーザーとツアラーの中間的存在」といったところだろう。

NC700シリーズに乗ったことがある人なら分かると思うが、低中速トルクに厚く、穏やかかつフラットな出力特性のエンジンは、もともとツアラー向きである。DCTの快適性も街乗りだけでなく、実はロングツーリングでその真価を発揮するものだ。加えて、フレームはメイン部分を共用とし、リヤのサブフレーム部分だけを変更してローシートに対応するなど、コストカットにも貢献。ただし、写真などを見る限り、NC700シリーズではリヤシート下にフューエルタンクを設置していたのに対し、CTXでは通常の位置に戻されているようだ。

そして、“第一弾”ということは、今後もCTXのバリエーションモデルが出てくることを期待させる。意外なところで、このエンジンを積んだビッグオフ系のバージョンなどがあっても面白いのでは、と思うがいかがだろう。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

[関連記事]
◆HONDA、快適技術が体感できる「CTX700N」「CTX700」を発表-新たなクルーザーモデル「CTX」シリーズの第一弾-

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、人気ブランド「アルパインスターズ」の「SP X …
  2. ドゥカティは、スペインGPが行われたヘレス・デ・ラ・フロンテーラで開催されたMSMA(モータ…
  3. ハーレーダビッドソン ジャパン、は5月19日(土)から20日(日)までの2日間にわたり、富士…
  4. コスパ最高!乗り出し45万の高性能ビッグネイキッド! 大型免許を取って、とにかくビッグバイ…
ページ上部へ戻る