[YAMAHA]2013年 ヤマハ国内外の主要レース活動体制発表

2012年は、ロードレース世界選手権・MotoGPクラスで、ホルヘ・ロレンソ選手が世界チャンピオンを奪還、さらに中須賀克行選手が全日本ロードレース選手権・JSB1000クラスでチャンピオンを奪還するとともに、MotoGP最終戦で日本人ライダーとして最高峰クラス16人目となる表彰台を獲得しました。また全日本トライアル選手権・IAスーパークラスでは、黒山健一選手が全勝優勝というこれ以上はない展開で自身のもつMFJのチャンピオン獲得記録を更新しました。

今シーズンもわたしたちは、チャレンジスピリットを原動力に国内外でさまざまなレース活動を展開し、皆様のご期待を超える「感動」の提供と共有を目指します。熱いご声援をよろしくお願いします。

【海外レース 主要チーム体制】
ロードレース世界選手権の最高峰MotoGPクラスは、2チーム4人のライダーが参戦します。まずファクトリーチームの「ヤマハ・ファクトリー・レーシング」からは、2012年MotoGPクラスにて2度目のチャンピオンを獲得したホルヘ・ロレンソ選手と、昨年はランキング6位で、再びヤマハマシンに乗り換えて注目の集まるバレンティーノ・ロッシ選手が出場します。

サテライトチームの「モンスター・ヤマハ・テック3」からは、昨年は2度の3位表彰台獲得などでランキング7位を獲得したカル・クラッチロー選手と、昨シーズンまでMoto2クラスに参戦していた若手のブラッドリー・スミス選手が出場します。
マシンは過去6度の世界チャンピオンを獲得している「YZR-M1」です。2010年以来となるライダー、コンストラクター、チームの三冠獲得を目指します。

モトクロス世界選手権・MX1クラスには、ファクトリーチームの「モンスターエナジー・ヤマハ・チーム」が参戦します。ライダーは、昨年は怪我によりランキング21位となったものの、2011年にはランキング2位を獲得しているスティーブン・フロサード選手。そして今シーズンからMX1クラスへのフル参戦を開始する若手ライダー、ジョエル・ローランツ選手がチームに加入します。
マシンは、市販モトクロッサー「YZ450F」をベースにファクトリーチューンを施した「YZ450FM」です。

1月5日に開幕したAMAスーパークロスは、「JGRMX・トヨタ・ヤマハ・チーム」が参戦。ライダーは怪我により昨年はランキング17位となったジョシュ・グラント選手と、ランキング4位のジャスティン・ブレイトン選手です。マシンは「YZ450F」です。

【国内レース 主要チーム体制】
全日本ロードレース選手権には、国内最高峰のJSB1000クラスに「ヤマハ・YSP・レーシング・チーム」から中須賀克行選手が「YZF-R1」にて参戦します。昨年は自身3度目のチャンピオンを獲得するとともに、代理として出場したMotoGP第18戦バレンシアGPで2位表彰台を獲得するなど目覚しい活躍をみせました。今シーズンはヤマハライダーで初となる国内最高峰クラス4度目のチャンピオン獲得を目指します。

全日本モトクロス選手権は、国内最高峰のIA1クラスに「ヤマハ・YSP・レーシング・チーム」が参戦します。ライダーは、昨年シーズンの序盤に怪我がありランキング13位となった田中教世選手に、昨年ランキング3位の平田優選手を加えた2名体制とし、ファクトリーマシン「YZ450FM」でチャンピオン奪還をねらいます。

なお、「ヤマハ・YSP・レーシング・チーム」は、ヤマハスポーツバイクの専門販売店「YSP(ヤマハスポーツプラザ)」がメインスポンサーとなり、コース近隣の「YSP」の店主、又は店長がレース毎に監督を務める「エリア監督制度」を実施します。

全日本トライアル選手権には、国内最高峰のIAスーパークラスに、「チーム・黒山レーシング・ヤマハ」の黒山健一選手が出場します。黒山選手は昨年、一般財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)の統括競技における史上最多記録となる11回目のチャンピオンを7戦全勝という快挙とともに獲得しており、今シーズンも記録の更新が期待されるライダーです。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る