[F.C.C. TSR Honda]2013参戦体制発表 秋吉耕佑で全日本ロードレース選手権JSB1000のタイトル奪還を狙う!

鈴鹿8耐はF.C.C. TSR Honda、Honda Team ASIAの2台体制で参戦!
TSRでは、2013年のモーターサイクルレース活動を下記のように予定しています。F.C.C. TSR Hondaでは、秋吉耕佑が全日本ロードJSB1000クラスのタイトル奪還を狙います。また、鈴鹿8耐はF.C.C. TSR Honda、Honda Team ASIAの2台体制で参戦、3連覇となる勝利を目指します。
是非、2013年もF.C.C.TSRにご声援をお願いいたします。

=TSR2013年モーターサイクルレース参戦体制概要=
【ロードレース】
◆MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ
全日本ロードレース選手権には、昨年と同様に秋吉耕佑が参戦します。タイトル奪還を狙い、強さをアピールできるレースを展開します。
◎チーム名:F.C.C.TSR Honda
◎マシン:CBR1000RR
◎ナンバー:4
◎ライダー:秋吉 耕佑
◎2012年の戦績:全日本ロードレース選手権JSB1000 4位(CBR1000RR)
◎2013年レースカレンダー
3月31日(日) 第1戦 ツインリンクもてぎ
4月14日(日) 第2戦 鈴鹿2&4(JSB1000)
6月2日(日) 第3戦 オートポリス2&4(JSB1000/ST600×2レース)
6月30日(日) 第4戦 筑波サーキット
8月4日(日) 第5戦 もてぎ2&4(J-GP2/J-GP3)
8月25日(日) 第6戦 スポーツランドSUGO
9月8日(日) 第7戦 オートポリス(J-GP2/J-GP3)
9月29日(日) 第8戦 岡山国際サーキット
11月3日(日) 第9戦第45回MFJ-GP 鈴鹿サーキット
※第2戦、第3戦、第5戦は2&4レースとなりSF(スーパー・フォーミュラ)と併催
※第6戦SUGOはFIMアジア国別対抗ロードレース併催
※第7戦オートポリスはFIMアジアロードレース選手権併催
※第9戦MFJ-GPはJSB1000のみ2レース

◆FIM世界耐久選手権シリーズ 鈴鹿8時間耐久ロードレース
今年で36回目を迎える鈴鹿8時間耐久ロードレース。F.C.C.TSR HondaとHonda Team Asiaの2台体制で参戦を予定しています。ライダーはいずれも未定です。
◎チーム名:F.C.C.TSR Honda/Honda Team Asia
◎マシン:CBR1000RR/CBR1000RR
◎ナンバー:未定/未定
◎ライダー:未定/未定
◎日程:7月25日(木)〜28日(日) 鈴鹿8時間耐久ロードレース
◎2012年の戦績:優勝(F.C.C.TSR Honda/秋吉耕佑:ジョナサン・レイ:岡田忠之/CBR1000RR)
:22位(Honda Team Asia/亀谷長純:アズラン・シャー・カマルザマン:玉田誠/CBR1000RR)

◆上記の他、ロードレース世界選手権Moto2およびMoto3クラス、全日本ロードレース選手権J-GP2およびJ-GP3クラスには、TSR2、TSR3が複数参戦する予定です。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る