「ECU」がMotoGPマシンの性能を決める!?

昨年からMotoGPクラスに導入された新カテゴリー、CRTの戦闘力が今年はぐんアップして、ファクトリーマシンとの差が縮まるかもしれない。CRT(クレイミング・ルール・チーム)とは、市販車ベースのエンジンをオリジナルのシャーシに搭載したマシンで、今年も「ARTアプリリア」や「FTRカワサキ」などが参戦している。

ただ、昨年の結果を見てもファクトリー勢との実力の差は明らかで、ラップタイムではトップから3秒落ち、決勝レースではトップ10に食い込むこともなかなか難しい状況だった。
そこで、CRT勢をサポートするため、MotoGPを運営するドルナスポーツとマニエッティ・マレリとの間でECU(エンジン・コントロール・ユニット)を共同開発し、CRTに提供することになったと報じられた。

すべてのCRTが共通のECUを使うことで、パフォーマンスを同等にしつつコスト負担を減らし、結果的にプロトタイプマシンとのギャップを大幅に縮小することが期待されているそうだ。ECUってそんなに大事なの? と思うかもしれないが、実は現代の高性能マシンにとって必需品であり、いわばバイクの「頭脳」のようにもの。
フューエルインジェクションや点火系、吸排気系デバイスなどはもちろん、最近ではABSやトラコン、パワーモードなどの電子制御を一手に引き受けているのが、このECUなのだ。
つまり、“走るコンピュータ”と化したMotoGPマシンの限界を引き出し勝利に導くためには、ライダーの才能に加えて「賢いマシン」であることが必須なのだ。

パワーやトップスピードなど目に見えるスペックならまだ分かりやすいが、ECUの中味となるともはやブラックボックス。今や戦いの舞台はデスクトップ上になっているようだ。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

[関連ニュース]
2012/9海外ニュース◆ マニエッティ・マレリのECU、2013年から最高峰クラスの全車に供給
2012/2コラム:◆MotoGP「CRTクレイミング・ルール・チーム」って何だ!?
2012/2海外ニュース◆CRT&Moto3クラス合同テスト:R.ドプニエが1分34秒台に進出

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【ヤマハ セロー250】 ディテール&試乗インプレッション 2017年に更に厳しくなる排…
  2. NEXCO中日本は、「第11回 高速道路と風景フォトコンテスト」の入賞作品を決定した。また、…
  3. 大阪のインディアン正規販売店「単車屋吉田」が出展 10月28日(日)に大阪府の泉大津フェニ…
  4. 国際A級スーパークラスで新記録となる6年連続チャンピオン 2018 MFJ※全日本トライア…
ページ上部へ戻る