BMW、「K1300S」のリコール

リコール開始日:平成25年2月7日

【不具合の部位】
制動装置(リザーバータンク)

【不具合の内容】
フロントブレーキのオイルリザーバータンクにスクリーンインサートを製造工程において取り付けていないため、原動機の最高回転付近で長時間連続走行した場合に、車両振動により当該オイルリザーバータンク内のブレーキ液に気泡が発生することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、ブレーキ配管に気泡が混入し、フロントブレーキの制動力が低下する。

【改善の内容】
全車両、フロントブレーキリザーバータンクにスクリーンインサートを取り付ける。また、ライダーズマニュアルにスクリーンインサートに関する説明を記した追補版を差し込む。

【使用者に周知させるための措置】
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・対策実施済車には、シート下のフレームに外-1903を貼付する

【対象車の型式、通称名、車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間、台数】
=型式:EBL-K13AA
■BMW K1300S
・WB1050804CZV75544 〜 WB1050802CZV76403
・平成24年1月5日 〜 平成24年4月13日 40台
■BMW K1300S
・WB1050803CZ392555 〜 WB1050807DZ393287
・平成24年8月27日 〜 平成24年9月24日 32台
■BMW K1300R
・WB105180XCZV84609 〜 WB1051801DZV86136
・平成23年11月24日 〜 平成24年8月27日 69台

(1型式)(2車種)(計141台)
(製作期間全体の範囲)平成23年11月24日 〜 平成24年9月24日
【注意事項】リコール対象車の車台番号の範囲には、対象ではない車両も含まれている場合があります。

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る