カワサキより新型「Z250」がデビュー!

カワサキから期待のニューモデル「Z250」がデビュー、4月15日から発売開始される。
Z250はつい先日発売された、新型ニンジャ250をベースに新たにデザインされたストリートファイターという位置付けで、「味気ないロードスポーツモデルが溢れるこの世界において、唯一無二のクォーターストリートファイターZ250は、ひときわ異彩を放つ」など、パンフレットにも挑発的なコピーが躍る。Z1000やZ800などの現行Zファミリーの末弟に相応しいアグレッシブな外観と上質な作り、ハイパフォーマンスが魅力のモデルである。

搭載される水冷並列2気筒エンジンは基本的にニンジャ250と共通で、デュアルスロットルバルブを装備し、あらゆる回転域でリニアなレスポンスを実現。低中速域ではスムーズかつトルクフルに、高速回転域ではパワフルに吹け上がる特性により、市街地での扱いやすさとスポーティな走りを両立させている。バランサーやラバーマウントを採用することで不要な振動を抑えているのも特徴だ。

優れた剛性バランスと耐久性を兼ね備えた高張力鋼によるダイヤモンドフレームには、インナーチューブ径φ37?正立フォークとユニ・トラック式リヤショックの組み合わせによる前後サスペンションを装備。高い制動力とコントロール性を実現するペタルディスク、140mmサイズのリヤタイヤが収まるスポーティな10本スポークホイールなどのハイグレードな足回りもニンジャ250と共通だが、前後サスのセッティングはよりソフトな方向性となっているようだ。

他に異なる点といえば、外装がフルカウルから軽快なビキニカウルになり、フロントマスクをZ系イメージに統一。ハンドルをストファイイメージのワイドバータイプとしたことで、ライポジがアップライトになっていることなど。加えて、メーターパネルも新作で、アナログ式タコメーターとマルチファンクションLCDスクリーンを組み合わせるなど、ワンクラス上のグレード感を醸し出している。
ユーティリティ面でも荷掛けフックやリヤシート下のヘルメットホルダー、二段式収納スペース(上段はETC車載器本体、下段はU字型ロックを収納可能)を備えるなど、日常の使い勝手への配慮も嬉しい。価格は44万8000円とニンジャ250より5万円安いリーズナブルな設定も魅力だ。

「ニンジャ」と「Z」、ともにカワサキの黄金時代を築いてきた栄誉あるネーミングを授かる2台は、ある意味でともにライバルとも言える存在。ビギナー向けエントリーモデルの印象が強い250ccクラスにおいて、野性味あふれる荒々しさを表現したカワサキらしい骨太感のある意欲作である。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
◆カワサキ、2013年モデル「Z250」新発売

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る